読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

【またまた緊急】カード発行で最大11,200マイル

キャンペーン クレジットカード ポイント案件 Adblock

またハピタスからお得な案件です。楽天カードの発行で8,000ハピタスポイントがもらえ、これはソラチカルート*1で7,200マイルになります。さらに、楽天側のキャンペーンにより、8,000楽天ポイントももらえるので、こちらは楽天→ANAの直接交換で4,000マイル。合わせて最大11,200マイルが獲得できます。


ただまあ、いまどき楽天カードを持っていない人の方が少ないと思うので、なかなか乗れる人はいないと思うんですが……。また、8,000楽天ポイントの方はマイル化すると半分の4,000マイルに目減りしてしまうので、エコノミークラス特典航空券を狙っている人(マイル価値をあまり高められない人)はそのまま楽天で使ってしまってもいいかもしれません。


条件は非常に簡単です。まさに濡れ手に粟の案件でしょう。楽天カード側のキャンペーンが6月29日9時59分までなので、今日中の申込がいいと思います。

  • ハピタス経由で楽天カードを発行し、家に到着した時点でハピタス側の条件達成。
  • 楽天側ではカード申し込み時に「キャンペーンのエントリー」を行い、カード到着後、7月31時日までに最低1回決済に利用すること。


ハピタスのトップページ上段の検索窓から「楽天カード」と検索します。



楽天カードの案件が見つかるので、「ポイントを貯める」をクリックします。



楽天カード申込のページに飛ばされるので、キャンペーンにエントリーしてから発行申込をします。



楽天カードは非常に審査が緩いことで有名です。多重申込もあまり気にしないところなので、ここ半年で3枚4枚とカード発行した人でも臆せず挑戦してみてください。万が一審査に落とされた場合は、先日解説したとおり、半年間カード発行申込を控えるだけでクレヒスはリセットされるので心配はいりません。(審査落ちや多重申込に関する解説は最下段の関連記事を参照してください)


また、楽天カードはCICの個人信用情報にしっかり「$」マークを記載してくれます*2。他社から見ると、クレジットヒストリーの見栄えが良く、その後の審査に有利に働くので、「美しいクレヒス作り(笑)」用のカードとしてオススメできます。


特に今までクレジットカードをほとんど作ったことがない人などは、楽天カードをまず最初に作り、100円でもいいので毎月必ず決済に利用し、しっかりと支払いをしていくことで、「$」マークがズラリと並んだ見栄えのいいクレヒスが出来、その後のカード発行審査が非常に有利になります。プロバイダ料金やhuluの月額など、少額でも毎月必ず請求があるものを楽天カードで自動引き落としにしておくと、こういったクレヒス作りに大いに役立つでしょう。

2015年9月16日追記

楽天側のキャンペーンでもらえる8,000ポイントには期間限定ポイントが含まれているため、全てをANAマイルに交換することは不可能でした。記事タイトルの11,200マイルは誤りです。この記事のコメント欄に詳細があるので、そちらも併せて読んでください。ご指摘いただいたrickbenflyerさんありがとうございました。

関連記事

*1:ハピタス→PeX→メトロポイント→ANA

*2:「$」マークとは、簡単に言うと「この人はきっちり支払いをしました」という記録です。「ー」は請求も支払いもなかった記録。アルファベットは「この人は支払いをしませんでした(遅れました)」という悪い記録です。JCBやアメリカン・エキスプレスは毎月きっちり支払っていてもCICに「$」マークを記載せず、支払いがなかったときだけ悪い記録を記載します。