読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

ANA 羽田/シドニー線が就航 気になる必要マイルと運賃は?

エアライン ニュース
 
見逃せないビッグニュースが入ってきました。2015年12月11日(金)から、ANAの羽田/シドニー線就航が正式に決定です。
 
ANAとしてはシドニーへは実に16年ぶりの乗り入れ再開。運賃の発表、予約・販売の開始は2015年8月から。

機材は最新鋭のB787-9

f:id:kowagari:20150717021420j:image
 
嬉しいことに、機材は最新鋭のB787-9が決定しています。B787-9は、従来型B787-8の胴体を延長して座席数を増やしたモデル。
 
フルフラットシートのビジネスクラス48席とプレミアムエコノミー21席があり、マイル特典航空券も狙い甲斐があります。これでまたANAホノルル線の機材更新が遠のいたような気もしますが(笑)。
 

第三のオーストラリアブーム到来?

今年8月1日からはカンタス航空がシドニー線を羽田に振り替え、新たに成田/ブリスベン線を開設する予定となっており、今回のANAと合わせてオーストラリア路線の座席数が大幅に増加します。
 
各旅行会社もオーストラリアのパッケージツアーを大々的に売り出すことが容易に想像できますね。オーストラリア、日本ともに政権が変わってから風向きが大きく変わっており、これは本当に第三のオーストラリアブームが来るかもしれません。
 
 

新規路線は狙い目!

ブリュッセル線もそうでしたが、新規路線のマイル特典航空券は、開始当初はガラガラに空いていることが珍しくありません。
 
今年8月からの予約・販売開始と同時に、冬のオーストラリア旅行を狙ってみるのがいいかもしれません。楽にビジネスクラスの特典航空券がとれると思います。
 

羽田-シドニーの必要マイルと運賃

羽田ーシドニーの特典航空券、気になる必要マイル数は、レギュラーシーズンのエコノミーで45,000マイル。ビジネスクラスが75,000マイルとなりました。ハワイよりは多く、北米よりは少ない設定です。
 
f:id:kowagari:20150826184503j:image
 
オーストラリアは南半球なので、季節が日本と逆です。これを利用して、冬場のローシーズンを狙うというのが一番お得になりそうです。2016年の「発着地[日本]/ 目的地[オセアニア]」のローシーズンは残念ながら4/1~4/26と、5/10~5/31の2期間だけ。日本の気候がいい時期なので、あまりお得感はありませんね。
 
f:id:kowagari:20150826185726j:image
 
しかし、2017年のローシーズンは、いまのところ、1/5~2/28に設定されています。シーズン設定は、予告なく変更されることもあるので確実とは言えませんが、覚えておいて損はないでしょう。狙い目は2017年の1/5~2/28です。夏真っ盛りのシドニーが楽しめます。ちなみに2016年1月16日が、2017年1月5日の355日前です。この日なら確実にローシーズンのビジネスクラスが押さえられますね。 
 
運賃の方は、エコノミークラスの最安でおおむね9万円~12万円、ビジネスクラスで30万円~39万円くらいでした。
 
マイル価値を計算してみると、エコノミーで1マイル2円、ビジネスで1マイル4円になります。ビジネスクラスでのマイル価値は、ハワイの1マイル3.2円を大幅に超えており、お得感があります。
 

まとめ

ANAの新規路線、羽田-シドニーはビジネスクラスのマイル価値が高く、狙い目です。特に2017年のローシーズンを狙うのがベストと言えるでしょう。
 

関連記事