読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

ハワイ旅行記11 フリフリチキンとワイメアバレーの美しい動植物

6日目は土曜日。この日は朝食を食べずに、またしてもノースショアに向かいました。ハワイ旅行中に土日が重なるときは、必ず行くところがあるんです。
 
f:id:kowagari:20150731220433j:image
 
ワヒアワを過ぎてからの赤土の大地。ノースショアの海まで続く一本道を走っていると「ハワイに来たな〜」という気分が最高潮に達します。と言っても、もう明日には帰るんですけど。
 

土日しか食べられないフリフリチキンが美味すぎる

f:id:kowagari:20150731220751j:image
 
やって来ました。『Ray's Kiawe Broiled Chicken』。通称フリフリチキンのお店です。フリはハワイ語で「回す」。ぐるぐるチキンみたいな意味ですね。このお店はハレイワの目抜き通り、カメハメハハイウェイ(と言っても片側1車線の一般道)沿いに、土日だけ出店する移動屋台です。土曜日はKCCファーマーズマーケットという人も多いと思いますが、自分の場合は断然こっちですね。
 
f:id:kowagari:20150731221131j:image

f:id:kowagari:20150802164158j:image
 
 
ぐるっぐる回して炭火焼きしております。おじさんが本当に暑そう。
 
f:id:kowagari:20150802164120j:image
 
奥では男の子が丸ごとチキンを串刺し中。全体的に皆さん重労働です。
 
f:id:kowagari:20150802162338j:image
 
1羽丸ごとのWhole Chicken、Chopped、$10。お好みなら、切り分けない姿焼き(Bagged)も購入できます。皮はパリッパリ。肉はジューシー。こんな簡単な味付けの原始的な鶏丸焼きが、なんでここまで美味くなれるの? っていう。2scoopのご飯があっという間に食べられます。醤油ベースのスペシャルソースも50セントで売ってますが、元々、ご飯なしでは考えられないくらい味が濃いので要らないと思います。
 
残念なことに、このお店は昨年から行政指導が入ってしまい、店の前に置いていたテーブルと椅子を撤去させられてしまったんですよね。テイクアウト専門になってしまったので、すぐに食べたい場合は店の前にレンタカーを駐車して、車の中で食べるしかありません。目の前のバス停のベンチで食べるのはちょっと迷惑なんで、立ち食いを敢行するつわものも結構いますけど。
 

Ray's Kiawe Broiled Chicken

66-160 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712
土日のみ 9:00〜17:00
 

Waimea Bayで岩から飛び込むのが楽しい

f:id:kowagari:20150802172030j:image
 
腹ごしらえをした後はハレイワを抜け、初めてとなるワイメアバレーに行ってみました。通りを挟んで逆側のワイメアベイは、巨大な岩からの飛び込みが有名なところで、大人気なためいつも駐車場がいっぱいです。どうしてもあの岩から飛び込んでみたい! という人は、ワイメアバレーの駐車場に駐めて、反対側の海まで歩いていくというのがオススメです。ただし夏限定。冬のノースショアはものすごく波が高くなるので、海に一歩も入れないくらい恐ろしい場所に変貌します。
 
f:id:kowagari:20150802165647j:image

f:id:kowagari:20150802165658j:image
 
自分も二年前の夏に飛び込みに挑戦しました。2枚目の写真で飛んでるのが私です。刺青だらけの屈強な男性でも、てっぺんで怖じ気づいて引き返していたくらい高いので、かなりの覚悟が必要です(笑)。
 

Waimea Valleyに初潜入

f:id:kowagari:20150802172001j:image

f:id:kowagari:20150802172014j:image
 
今回行ったのは岩飛び込みのWaimea Bayではなく、滝が有名なWaimea Valleyの方。こちらは子供からお年寄りまで楽しめる場所です。整備された道路をゆっくり歩いても30分程度で滝までたどり着くミニトレイル。
 
入場料が大人一人$15かかりますが、ハワイ固有種を中心として、世界中から集められた貴重な植物が5000種ほども植えられており、自然植物園のような感じになってます。また、絶滅危惧種でハワイ固有種のハワイバン、Alae Ulaをはじめとして、たくさんの野鳥も保護しています。
 
f:id:kowagari:20150802172130j:image
 
入ってすぐのビジターセンターでは孔雀がお出迎え。
 
f:id:kowagari:20150802172222j:image
 
レストランやトイレもビジターセンター近くにあります。
 

Waimea Valleyは鳥と花の楽園だった

f:id:kowagari:20150802172304j:image
 
舗装されているので子供からお年寄りまで安心して歩けます。ただ、ちょっと蚊がいるので、虫除けスプレーはつけていった方がいいかもしれませんね。往復で5カ所くらい刺されてしまいました。ハワイで蚊に刺されたのはこれが初めてかも。
 
 
「ここから先は有料だよ」というゲートでお金を払って中に入るんですが、入っていきなりAlae Ulaがいました。めちゃめちゃ貴重な固有種の鳥なんですが、あっさり出てくるわ、全然人を怖がらないわで、若干有り難みのなさが残念なやつです(笑)。ゲート付近にいつもたむろしていて、同種で喧嘩していたりするみたいですよ。
 
f:id:kowagari:20150802173114j:image

f:id:kowagari:20150802173129j:image

f:id:kowagari:20150802173149j:image
 
美しい植物がたくさんあります。じっくり見ていくと時間がどれだけあっても足りなさそうなくらいです。
 
 
濃いネイビーにオレンジのお腹が鮮やかなアカハラシキチョウ(多分)。1930年代にアジアから持ち込まれて野生化したものです。どの鳥も、驚かせなければ意外なほど近くまで寄らせてくれます。
 
 
残念ながら種が特定できなかったんですが、この鳥がめちゃめちゃかわいかったんですよねー。岩の上に陣取って、尾羽をピンと立たせ、パチパチと尾羽をすりあわせる動作を繰り返していました。メスを呼び寄せるダンスですかね。近付いたら「ん? 邪魔なんですケド?」といった感じでダンスをやめてしまいました。
 

真っ茶色の滝に到着

f:id:kowagari:20150802175805j:image

f:id:kowagari:20150802174016j:image
 
滝の手前には、トイレと小さな売店まであって、至れり尽くせりです。売店ではOno Popsとジュースが売られていました。
 
f:id:kowagari:20150802174515j:image

f:id:kowagari:20150802174535j:image
 
 
来る途中の川の濁りがひどかったので、だいたい予想はついていましたが、滝壺の水もすごい泥水でした(笑)。
 
ここは海外ドラマ『LOST』シーズン1の12話で、ソーヤーとケイトがアタッシェケースを見つけたところですね。他にも何度も撮影に使われてます。それにしてもこの濁り(笑)。とてもじゃないけど泳ぐ気にはなれない場所でしたが、アメリカ人はめちゃめちゃやる気満々で泳いでましたねー。ちなみに日本人は私たちだけでした。
 
前日の雨量なんかによっては、もうちょっと水が澄んでいることもあるみたいですが、ここの水はそもそも危険なんですよ。飲んだら完全にアウトですし、体に切り傷なんかがあるときもヤバいです。レプトスピラ症という、おっかない病気に感染する可能性があります。わざわざここで泳ぐくらいなら、もっときれいなビーチが他にいくらでもあるんですから、そっちに行った方がいいと思います。
 

Waimea Valley

59-864 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712
9:00〜17:00
 

午後はヘイアウへ

次回、6日目後半は、これも初めてとなるヘイアウ(古代ハワイ人の聖域)に行ってみました。パワースポットとか、その類いのスピリチュアルな話には完全に興味がないんですが、大昔の人たちがそこを神聖な場所として大切にしていた歴史の方には興味があります。

関連記事