読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

ANAホノルル線に導入が確定したA380にファーストクラス設定!

ハワイ エアライン ニュース

ファーストクラスが設定されるA380

 

ANAホノルル線A380にファーストクラスが設定されるというビッグニュースが入ってきました。それぞれのクラスの座席数はまだ決まっていません。しかし、まさかハワイにANAのファーストクラスで行けるとは思っていなかったのでびっくりです。

 

その代わり、導入予定は当初言われていた2018年ではなく、2019年春にズレ込むようです。他にも、2016年1月29日に行なわれた中期経営計画では、見逃せない情報がいくつかありました。これをまとめます。

 

ホノルル線A380に関する重要事項まとめ

  1. 羽田と成田、両方のホノルル線にA380を投入
  2. 富裕層を含めたプレジャー需要を狙い、ファーストクラスを設定
  3. ホノルル線の運賃設定は「少なくとも現在よりは下がる」
  4. エアージャパンが運航する可能性あり
  5. パイロットを養成するシミュレーターは自社保有せず、整備に関しても他社へ委託

 

1に関しても驚きました。羽田にはひとつだけA380対応のスポットがありますが、現状、成田が使えない時の緊急事態用といった位置づけです。これが実現すれば、羽田空港で初めてのA380定期便の就航ということになります。

 

2のファーストクラス設定が今回最も驚かされた部分です。ホノルル線ではユナイテッド航空にファーストクラス12席がありますが、機材は古いB747。乗っていたのは富裕層というより、マイル特典利用者ばかりだったと思われます。

 

ANAがこの路線にファーストクラスを設定すれば、富裕層が利用してくれる可能性はUAよりはずっと高くなるかもしれませんね。

 

ちなみに現状、日本発着のハワイ路線におけるANAのシェアはわずか8%。対するJALは36%(!)。その他が56%となっており、ANAの座席供給量は圧倒的に低いんですね。今まで、機材にしろ、座席供給数にしろ、いかにANAがリゾート路線を軽視していたかが、この数字に如実に表れています。

 

闇雲に古い機材で座席数だけ増やしても、競合と戦えませんが、A380という贅沢な機材で座席数を増やすなら、一気に他社のシェアを奪える可能性があります。今後ANAはハワイ線で24%のシェア拡大を見込んでいます。

 

ファーストクラス設定は嬉しい誤算

 

以前予想した座席設定とはまるで違う結果になりましたが、嬉しい誤算です。これはマイル特典航空券で狙い甲斐がありますね。是非とも乗ってみたいです。もしかしたらシンガポール航空のように、スターアライアンス加盟他社のマイルではファーストクラス特典航空券を取れないようにするかもしれません。

 

たくあんマイル弁当さんが乗った、シンガポール航空A380スイートのような素晴らしい体験ができるかもしれないと思うと、胸が高鳴ります。

 

 

問題も山積み

しかし、このホノルル線へのA380投入、やはりANAにとっては問題も非常に多いと感じています。まずは座席数の大幅な増加による運賃の下落。じわじわと自分の首を絞める感がありますよね。他社の乗客を奪うような施策を考えないといけません。

 

そしてパイロットと整備の問題。たった3機の導入ですから、シミュレーターも整備も外部に委託するのは当然として、生え抜きのANA社員パイロットが果たしてA380の免許を取ることに前向きになってくれるのかどうか。少なくない人数、引き抜いてくるしかないような気がします。今からA380の免許を取っても、社内的に将来性全くないですからね……。エアージャパンの社員にとっても厄介事を押しつけられたとしか思えないんじゃないでしょうか。

 

さらに、ホノルルでA380が故障したら一体どうするんだろうという部分が気になります。ホノルル空港にはA380対応スポットが1つあるので発着はもちろん可能ですが、修理対応できる人員や設備はあるんですかね? 

 

このあたりは私たちが心配するようなことではありませんが……。

 

ファーストクラス特典航空券の必要マイルは

ANAホノルル線ファーストクラス特典航空券に必要なマイル数を予想しておきます。

 

f:id:kowagari:20160130181721p:plain

 

レギュラーシーズンで11万マイルだったら嬉しいなという感じですが、多分12万マイルかなあと思います。もう少し多くて、13万、13万、14万5千かもしれません。いずれにしても、ビジネスクラスで2回行くか、ファーストクラスで1回行くか、という選択になりそうです。導入予定の1年前までにはこれくらいのマイルを貯めておく必要がありますね。

 

まとめ

2019年春にANAホノルル線A380が導入される予定です。座席設定にはまさかのファーストクラス。

 

2019年からは、「ハワイに行くならANAが一番!」となることは間違いありません。しかし同時に、ANAにかかる負担が大きいのも事実。なんとかこの苦難を乗り越えて、さらにANAが成長することを願ってやみません。がんばって!

 

追記

2016年2月2日にANAホールディングスの片野坂社長が「座席数は500席から600席の間」と発言しました。予想よりかなり多めの座席数となりますね。

 

関連記事