ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

【改悪】Gポイント→メトロの交換に5%の手数料がかかり、交換単位も大幅アップ

f:id:kowagari:20160414121025j:plain

 

Gポイントから、改悪のお知らせがメールで届きました。

 

従来無料だった「Gポイント→メトロ」の交換ルートに、2016年4月25日から5%の手数料がかかるようになります。詳しく見ていきましょう。

 

2016年4月25日からの変更点

Gポイント→メトロポイントへの交換について、これまで交換手数料を無料として行っておりましたが、2016年4月25日より交換手数料として【5%のポイント】をユーザー様にてご負担いただくことになりました。
お客さまには何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

(中略)


///// 変更内容 ///////////////////////////////////////////////////////

現在
 【ポイント交換/100G→100ポイント】+0%G(手数料)
 ※100G以上だと、以降1G単位での交換が可能。

 ↓↓↓

4月25日より
 【ポイント交換/100G→100ポイント】+5%G(手数料)
 ※100G以上だと、以降100G単位での交換となります。

 例)メトロポイント:100Pに交換する場合
  →交換時に「Gポイント:100G」に別途「手数料:5G」が必要

 

PeXの交換手数料とは仕組みが違う

陸マイラーの基本ルート「PeX→メトロ」にも手数料はかかります。しかしPeX→メトロの場合、交換するポイント数とは無関係に、「1回の交換につき500pt(50円相当)」の手数料が外付けで取られる仕組みです。

 

こまめに交換せず、一度に大量交換を行なうことで手数料を抑えることができます。

 

しかし今回のGポイントの改悪の場合、どうあがいても5%のGポイントが外付けで徴収されてしまうため、影響は甚大です。しかも100G以上は1G単位での交換が可能だったのに、100G単位での交換しかできなくなりました。大改悪です。

 

特にANA VISAワイドゴールドカードのボーナスポイントを、Gポイント経由でANAマイルに交換している人は、マイル還元率が下がってしまうということになりました。

 

これにより、ANA VISAワイドゴールドカードの最高還元率1.72%も数字が下がることになります。当該記事も数字を書き換えなきゃですね……。めんどくさい……。

 

例外規定で手数料ゼロにすることもできる

ただし、以下の条件を満たすと、この5%手数料は後日口座に戻され、手数料ゼロとすることもできます。
 
  • 交換申請の前月1日~交換申請月の4ヶ月後末日までに広告アクションを行い、ポイント加算が完了していれば、手数料ポイントバック対象となります。
 
つまりこういうことですね。
 
「陸マイラーの皆さん、うちは単なるポイント交換サイトじゃありませんよ。ちゃんとしたポイントサイトですよ。マイルへの交換に利用するのもいいけど、たまには案件もこなしてね」と。
 
かなり長期間ポイントバックの猶予が設けられているので、何か一つでもGポイントで案件をこなせば、手数料はゼロにできます。
 
手数料の徴収を回避するため、定期的に繰り返し利用できる案件として、楽天デリバリーがおすすめです。

 

PeXはこれに追随するか

メトロ(ソラチカ)はポイントサイトにとって相当に重要な交換先のはずです。ここにGポイントが先鞭をつけたとなると、他も追随する可能性は大いにあり得ると思います。.moneyはまだ始まったばかりなので当面大丈夫でしょうが、PeXに関しては微妙ですね。

 

今回のGポイントと同じタイプの手数料は、なんとかやめてほしいところです。

 

関連記事