読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

1年間のハピ友人数とハピ友ポイントを公開

最終更新日:2017年4月18日

ありがとうございます

 

毎月5日は陸マイラーの通信簿が手渡される日。ハピ友ポイント付与の日ですね。

 

私がハピタス(以前は『ドル箱』という名前でした)を使い始めたのは2009年頃だったと思います。紹介ポイントがもらえるということで、当時SNS経由で20人ほどに紹介した記憶がありますが、その後は人数を増やす努力はあまりしていませんでした。自分でポイントサイトを利用して貯めることがゲームのように面白かったのと、狙う特典航空券に必要なポイントを、紹介ナシでも充分貯めることができていたからです。

 

2015年5月に当ブログを開設し、年間30万以上のANAマイルを貯めるのに必要不可欠なポイントサイトとしてハピタスを紹介しはじめました。

 

今回は、この1年間でいったいどれだけの人数、当ブログ経由でハピタスに登録していただけたか、そしてハピ友ポイントは毎月どれだけ増えたのか、データを元に、ご報告したいと思います。

 

 

グラフを見れば一目瞭然

元々8年前に私がひねり出した造語だったんですが、最近は他の陸マイラーブログでも「仮想マイル」という言葉がよく使われています。全てのポイントをANAマイルに交換した場合、いったい何マイル貯まることになるのかという数字です。当ブログでも毎月末に公開しています。

 

ポイ探で調べれば仮想マイルが一瞬で分かることは、陸マイラーなら皆さんご存知ですよね。

 

 

私の場合、2008年8月15日から、はてなグラフを利用して仮想マイルの記録をしっかりつけてあるので、推移がよくわかるんです。(グラフはPCサイトの右サイドバーにあります)

 

2008年8月から2016年5月までの仮想マイル

 

2015年5月からの異常な伸びが一目瞭然ですよね。この異常な伸びのほとんどが、ハピ友ポイントによるものです。

 

本格的にブログで紹介を始めるまでの6年間も、減っては増えを繰り返しつつ、大体25~30万マイル程度の仮想マイルを維持していました。ちなみに赤い横線は13万マイルラインです。これは、レギュラーシーズンのホノルル線ビジネスクラス特典航空券を2席確保するために必要な数字で、これを下回ったら翌年ハワイに行けなくなるという、私なりのデッドラインとなっています。

 

現在の保有ハピタスポイント

ここからは、見やすいのでハピタスのスマホ版の画像を使います。

 

2016年5月現在のハピタスポイント

 

こちらが2016年5月5日現在の保有ハピタスポイントです。実に224万ANAマイルに交換すると201万マイルにもなります。

 

ご存知の通り、ハピタスには交換上限があり、1ヶ月に3万ポイントしか、他のポイントに交換することができません。この224万ポイントを全て消化するには75ヶ月(6年3ヶ月)がかかります。また、ソラチカは1ヶ月に2万しかマイルに交換できませんから、全てをANAマイルに交換するには112ヶ月(9年4ヶ月)かかります。もう無茶苦茶ですね。貯まる一方で、使うことができません。

 

月の上限3万を超える分は、ポレットにチャージして現金のように使っていくか、ハピタス堂書店で本を買うくらいしか使い道がないのです。

 

この1年間のハピ友ポイント推移

昨年5月からのハピ友ポイントを全て公開してみます。グラフにも起こしてみましょう。

 

f:id:kowagari:20160505163224p:plain

f:id:kowagari:20160505163350p:plain

f:id:kowagari:20160505162943p:plain

f:id:kowagari:20160505162813p:plain

f:id:kowagari:20160505162633p:plain

f:id:kowagari:20160505162351p:plain

f:id:kowagari:20160505162232p:plain

f:id:kowagari:20160505162058p:plain

f:id:kowagari:20160505161932p:plain

f:id:kowagari:20160505161810p:plain

f:id:kowagari:20160505161607p:plain

f:id:kowagari:20160505161051p:plain

 

1年間のハピ友ポイント推移

 

ハピ友人数は右肩上がりに増えているんですが、ハピ友ポイントはキレイな右肩上がりとはなりません。大きな案件が出てきたときなどに集中します。

 

ハピ友人数とハピ友ポイントの関係

一体どれだけのハピ友人数があれば、これだけのポイントが入ってくるようになるのかが、皆さん一番気になるところだと思います。残念ながら、人数の推移は正確に記録していないのでよくわからないんですが、だいたいのところはわかっています。

 

  • 100人超え 6月11日
  • 200人超え 9月2日
  • 300人超え 10月12日
  • 500人超え 2月29日
  • 1000人超え 4月17日

 

つまりですね、ハピ友が100人を超えると、アクティブ率が高ければ、もう毎月10万ポイントを超えても全然おかしくないということになります。ただし、初めはアクティブにポイント活動をしていた人たちも、だんだんと櫛の歯が欠けるように休眠していきますから、100人で止まってしまったら、ずっと10万ポイントを維持できるわけではありません。

 

また、紹介人数が増えても、即座にハピ友ポイントが激増するということもありません。だいたい1ヶ月~2ヶ月程度のタイムラグがあります。有効判定や付与までの時間があるからですね。

 

ちなみに現在の私のハピ友人数はこちら。たくさんの方に登録していただいて、感謝の一語に尽きます。ありがとうございます。

 

2016年5月現在のハピ友人数n

 

ステージ7、8のスペシャルボーナスとは

紹介ステージ

 

ハピ友人数が500人、1000人を超えたとき、料率は40%のまま固定ですが、それぞれスペシャルボーナスというものがもらえることになっています。この中身が気になるところですが、これも公開しておきますね。がっかりするだけなんですが。

 

f:id:kowagari:20160505171808p:plain

f:id:kowagari:20160505172034p:plain

 

これがどれだけがっかりか、おわかりいただけるでしょうか? 毎月20万ポイント以上ハピ友ポイントが入ってくるのに、スペシャルボーナスはそれぞれ5千ポイントと1万ポイント。あってもなくても関係ない数字です。何か記念メダルのようなものの方が、かえって嬉しいかもしれません。

 

ハピ友人数を増やすために私がやらないこと

どうやったらこれだけ多くの人にハピタスに登録してもらえるのか。正直なところ、私にもよくはわかりません。もちろんPVを増やす努力が必要ですし、検索経由からたくさんの人が来てくれるように、SEO対策も必要です。私自身、日々勉強しています。

 

でもPVを増やすために何をしたらいいかということは、もはや陸マイラー道というよりは、ブログ道という感じの話ですよね。なので、「私はこういうことはやらない」という逆の方のお話だけしたいと思います。

 

  • サイドバー等にハピタスへの登録リンクは張らない。
  • 全ての記事にハピタスへの登録リンクを張るようなことはしない。

 

当ブログには現在200を超える記事がありますが、ハピタスへの登録リンクが張ってある記事は、以下の2つだけです。

 

 

「こんなに少ない記事にしか登録リンクを張っていなかったら、全然登録してもらえないんじゃ?」と思いますでしょうか? でも現実は、そうではないことを証明しています。私はこれだけで充分だと思います。

 

ついつい、ハピ友を増やしたい一心で、無関係な記事にまでハピタスへの登録リンクを張ってしまいがちですが、それは果たして読んでくれた人の利益になっているんでしょうか? その部分はしっかり考える必要があると私は思います。

 

お礼

最後に、当ブログ経由でハピタスに登録してくれた方々に心からお礼申し上げます。楽しいマイル修行をやれるのは、皆さんのおかげです。少しでも役に立てる記事を書いて、恩返ししていければなと思います。

 

関連記事