読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

オバマ大統領も滞在するハワイのカイルアはこんなところ

ハワイ コラム ビーチ

今年も、オバマ大統領とその家族による、オアフ島カイルア地区でのクリスマス休暇滞在が始まりましたねー。2015年、現地時間12月18日にアメリカ本土を出発。具体的な滞在先や日程はもちろんトップシークレットなんですが、大体の部分、ばれちゃってます。

 

遡ること15日前、12月3日には、既に近隣住民が「カイルア地区の立ち入り禁止エリアに関するチラシ」を受け取っており、その後すぐにハワイの沿岸警備隊がセキュリティゾーン(下記写真のオレンジの部分)の設置に取りかかりました。制限期間は出発の日となる12月18日(金)から、2016年1月3日(日)まで。この間、大統領はカイルアの制限区域内のどこかに滞在するようです。

 

カイルアのセキュリティーゾーン

 

オバマ大統領がクリスマス休暇をハワイで過ごすのはこれで8回目。昨年2014年に滞在した際にかかったコストは、警備のためにホノルル警察が出した超過勤務手当だけで実に$277,000(3,324万円)だったそうです。

 

 

オバマ大統領が滞在するカイルアってどんなところ?

カイルアはオアフ島東部にあるローカルタウンで、ワイキキに飽き足らない観光客に大人気のエリアです。特に有名なのは美しい白砂のラニカイビーチ。天国の海とも称され、全米No.1ビーチになったこともあります。

 

お隣のカイルアビーチも同じく全米No.1ビーチになったことがある美しいビーチだったんですが……、近年は波による浸食が激しく、かつての美しさはなくなってしまいました。ビーチに生えている木の根元が波に削られ、根っこが丸見えの状態です。

 

ここもいずれ、ワイキキビーチと同じように砂の補充をしないと、ビーチ自体が消滅してしまう可能性があります。しかし補充してしまうと、カイルア特有のあの美しい白砂ではななくなってしまうかもしれないのが悩ましいところです。

 

カイルアに行くならカラマビーチがおすすめ

美しいカラマビーチ

 

車が停めにくく、少しアクセスしにくいラニカイビーチ。ビーチの浸食が激しくて、かつての美しさを失ってしまったカイルアビーチ。でもカイルアにはまだ美しいビーチがあります。

 

それはカラマビーチ(別名オバマビーチ)。オバマ大統領が滞在するのは、このビーチの北のはずれなんですよね。北のはずれのどん詰まりは、住民に配られたセキュリティゾーンのチラシでも分かるように、大統領滞在中はビーチも、その先の海さえも立ち入り禁止となっています。

 

カラマビーチの北が立ち入り禁止

 

カラマビーチパークはカイルアビーチと比べると、車も停めやすく、人も少なく、美しく、のんびりしているのでおすすめです。シャワー完備ですし、安心して遊べるビーチです。

 

 

その他のカイルアおすすめスポット

カイルアは他にも見所いっぱいですが、私が特におすすめしたいのは次の3つ!

 

  1. カラパワイマーケット
  2. ラニカイトレイル(ピルボックストレイル、カイヴァリッジトレイル)
  3. ヌアヌ・パリ

 

ヌアヌ・パリはカイルアじゃないんですけど、ワイキキからカイルアに向かう途中で寄れるので、絶対に見てほしいところです。

 

カラパワイマーケットはカイルアの良心

Kalapawai Market

 

なんてことないローカルスーパーマーケットなんですが、古き良き時代のハワイを彷彿とさせる場所です。落ち着くんですよね~。

 

ノースショアにもハレイワスーパーマーケットというローカル色の強いマーケットがあったんですが、惜しまれつつ閉店してしまいました。ノースショアは近年再開発が進み、どんどん老舗が消えていっているんですよね。今は外観だけ取り繕った「なんちゃってローカル」ばかりです。

 

創業1932年の老舗カラパワイマーケットは、カイルアに残る最後の良心といった感があります。たまに店内を徘徊している店猫もたまりません。

 

カラパワイマーケットの店猫

カラパワイマーケットのモーニングラップ

 

店の横のベンチで食べてもよし、ビーチに持参してもよしのモーニングラップ。手作りで、とても美味しいです。

 

Kalapawai Market

306 S Kalaheo Ave,Kailua HI 96734
☎808-262-4359
営業時間 6:00~21:00

 

ラニカイトレイル(ピルボックストレイル)はちょっときつい

ラニカイトレイル

 

ラニカイビーチを一望できるトレイルです。体力に自信がないと結構きついと思いますが、この眺望は何物にも代えがたいです。写真で見えているのはラニカイビーチから見える双子島、 モク・イキ島とモク・ルア島。

 

水がないとリアルに死ぬ可能性があるので、数本のペットボトルを持っていく必要があります。それと、序盤が最大の難関で、ぬかるんでいるとまず登れません(笑)。ビーチサンダルは100%無理です。

 

ラニカイのトレイルに関しては『カズ旅』さんが非常に詳しいのでそちらも参照してみてください。

 

 

ヌアヌ・パリはオアフ島随一の絶景

Nu'uau Pali Lookout

 

オアフ島No.1の絶景と言っても過言ではない、Nu'uanu Pali Lookout。正に絵に描いたような絶景です。念のため言っておきますが、上の画像は絵じゃなくて、私自身が撮った写真ですからね。

 

ワイキキからカイルアに向かう61号線パリ・ハイウェイの途中にあります。レンタカーじゃないとアクセスしづらい場所です。しかしここはレンタカーを借りてでも見に行ってもらいたい場所です。

 

絶景とは裏腹に、実は血塗られた場所でもあります。その昔、ハワイ島のカメハメハ軍が、オアフ島のカラニクプレ軍をこの断崖絶壁に追い詰め、討ち滅ぼしたのです。これによりハワイは統一され、カメハメハ大王のハワイ王朝が誕生しました。そんな歴史に思いを馳せることもできる場所です。

 

 

カイルアと全然関係ないけれど

Punahou Circle Apartments

 

オバマ大統領ゆかりの地として、Punahou Circle Apartment に、ちらっと寄ってみるのもいいかもしれません。ワイキキからもすぐですし。入り口のところに写真が飾ってあるだけですけどね(笑)。

 

ここはオバマ大統領の母方の祖父母が住んでいたところ。母の再婚相手がインドネシア人だったため、インドネシアで暮らしていたオバマ大統領は、10歳の時、生まれ故郷のハワイに一人で戻ってきて、このアパートから、幼小中高一貫の超名門校プナホウスクールに通っていました。

 

 

まとめ

オバマ大統領も毎年滞在するカイルアは素晴らしいところです。是非レンタカーを借りて、ヌアヌ・パリにも寄って、カイルアまで足を運んでみてください。

 

意外と大統領は出歩くことも多いので、年末年始はシークレットサービスを引き連れた一行に出会うこともあるかもしれません。アメリカを弱くした大統領として、あまり人気がありませんけど、アメリカ大統領に遭遇することなんて、普通に考えたらまずあり得ませんからね。この時期のハワイだけがチャンスです。

 

関連記事