読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

ポイントタウンのビットコイン交換キャンペーンは全力だ

ビットコイン

 

今回はマイルとは直接関係ありませんが、まずは『ANAマイレージ・マイルで新LifeStyle提案』さんの上記記事を熟読してください。さすがMr.マイラー。これ、ここ5年の陸マイラー界でも最大級のニュースですよ。

 

ただ、残念ながら今回のキャンペーンの恩恵にあずかれる人は限られます。キャンペーン期間が短すぎて、ほとんどの案件で、期間中の交換が間に合わないからです。

 

常軌を逸したレート2倍交換キャンペーン

ポイントタウン

 

『ANAマイレージ・マイルで新LifeStyle提案』さんが書かれているとおり、このキャンペーンの「ローリスク・ハイリターン」っぷりは常軌を逸しているレベルです。

 

おさらいしてみましょう。

 

このキャンペーンでは、ポイントタウンのポイントを、ビットコインに2倍のレートで交換できます。たとえば、10,000円相当のポイントタウンのポイントは、20,000円分のビットコインに交換できるということです。

 

ビットコインは日々価格変動があるので、値が上がることもあれば、下がってしまうリスクもあります。でも交換レート2倍ですよ? ビットコインがわずか1日で50%値下がりしてしまったとしても、痛くも痒くもないんです。プラスマイナスゼロになるだけなんですから。(出金手数料分、損しちゃいますけどね)

 

ビットコインの直近10ヶ月の最大下落幅は20%以内

ビットコインの価格変動

 

上記画像は、2015年3月頭から、12月末までのビットコインの価格変動を示したものです。11月に急激な下落があったことがわかりますね。11月5日に、わずか1日で61,000円から49,000円まで約20%下落したのが、この期間の最大下落幅でした。逆に言うと、この10ヶ月間で、1日の最大下落幅は20%以内に収まっているということです。

 

たとえば、ポイントタウンのポイント10,000円分を、2倍キャンペーンで20,000円相当のビットコインに交換したとします。それがわずか1日で20%暴落しても、まだ16,000円なんですよ。元が10,000円分のポイントなんですから、最大級に暴落しても、6,000円儲かったという形になるわけです。

 

これは最悪のケースを想定しているわけですから、もちろん逆に20%暴騰する可能性だってないわけではありません。その場合、10,000円分のポイントが、24,000円の現金に化けるということです。正にローリスク・ハイリターンと言えるでしょう。

 

キャンペーンに乗るにはポイントタウンに大量ポイントがないといけない

今回のキャンペーンにおける最大の鍵は、今現在ポイントタウンにどれだけのポイントが貯まっているか、2016年1月18日までにどれだけ貯められるか、ということになります。

 

ポイントタウンでは、毎月月初にスマホサイトで100%還元の有料サイト登録案件が大量放出され、確定すればわずか数時間でポイントに反映されるため、そこでバイマイル的に大量ポイントを稼ぐことは一応可能です。ポイントタウンにおける100%還元案件に関しては下記リンクを参照してください。

 

しかし、資金を投入しなくてはならないため、少なからずリスクは残ります。直近10ヶ月での最大下落幅が20%以内だったからといって、今後もそうだとは限らないわけですからね。できれば、今既に保有しているポイントだけで勝負したいところです。リスクを取る価値があると思った人は、スマホサイトの100%還元案件を狙ってみてください。ただし、有料サイト登録1ヶ月後、解約だけは忘れないように。

 

私は全力の予定

私自身は、今回のキャンペーンに関して「ノーリスク」と判断したので、全力で乗る予定です。すでにbitFlyerの口座も開設してあります。手持ちのポイントタウンポイントも結構な額に達しています。

 

キャンペーン終了後に、結果を報告したいと思います。

 

ポイントタウンの潜在能力が開花

当ブログでは、数あるポイントサイトの中から、『ハピタス』と『ポイントタウン』の2つを特におすすめしています。ハピタスはショッピング関連案件に非常に強く、その他の登録系案件でも安定して高還元であること。また、友達紹介においても、少ない紹介人数でも爆発的な紹介報酬が望めることから、陸マイラーにぴったりのポイントサイトとして絶対に欠かすことができないサイトです。

 

しかし、正直なところ、ポイントタウンに関しては他で代替が効くんですよね。たとえば2015年10月にダイナース案件において『ちょびリッチ』と熾烈なデッドヒートを演じた『GetMoney!』あたりです(GetMoneyについては、近いうちに詳しく紹介するつもりです)。

 

GetMoneyとポイントタウン、ほとんど性格が同じであるこの2サイトのうち、なぜ私はポイントタウンをおすすめしていたのか? これは運営会社の規模と、ここ1年間のキャンペーンの充実度を考慮してのことです

 

運営会社の規模は大きければいいというものでもないんですが、安心感という意味ではGMOを親会社とするポイントタウンは頭ひとつ抜けています。また、GMOがポイントタウンに梃子入れしているのは、今回のキャンペーンを見ても明らかですよね。

 

ビットコイン2倍祭りがまた開催されるかどうかはわかりませんが、今後もポイントタウンでは(ビットコインに限らず)強力なキャンペーンが行なわれる可能性は非常に高いでしょう。『ANAマイレージ・マイルで新LifeStyle提案』さんも指摘している通り、ポイントタウンbitFlyerには登録しておいて損はないと思われます。また、「貯めたポイントはすぐに交換」というのがセオリーではありますが、今回のようなこともあるので、ある程度のストックは必要かもしれません。

 

 

まとめ

ポイントタウンにおける、ビットコインへのレート2倍交換キャンペーンは、近年まれに見る、というか、常軌を逸した大型キャンペーンです。今現在、ポイントタウンに大量のポイントを貯め込んでいる人はもちろん全力で、また、リスクを取ってでも乗りたいという人はポイントタウンスマホ版で月初に行なわれる100%還元案件を狙ってみましょう。

 

既にポイントタウンが年末年始の休業に入っているため、今交換申請してしまうとレート変動リスクに晒されます。大量ポイントを保有している人も、勝負は年明け4日からですね。

 

マイルを貯めるという目的からははずれてしまいますが、こういったポイントサイトの使い方も、覚えておいて損はありません。

 

関連記事