読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

【システム障害】ANA SFC修行僧のいちばん長い日

ANA SFC修行 ニュース ラウンジ

3月22日ANAのサーバーは停止した

 

2016年3月22日(火)。この日、ANAが大規模なシステム障害に見舞われ、日本全国の空港が大混乱に陥ったことは、皆さんニュースでご覧になってご存知かと思います。実に146便が欠航、391便が遅延。およそ7万人が影響を受けたと言われています。

 

障害が発生したのは22日未明。4台ある搭乗システムのサーバーのうち、1台が停止。稼働を続ける3台から切り離し、復旧を試みるも、同8時15分にはさらに2台が停止。同22分、最後の1台が停止……。

 

「反応、ブルー。ANA、完全に沈黙しましたっ……!!」

 

今回は、3月22日8時15分ちょうどに羽田空港ANAプレミアムチェックインで保安検査を受けようとしていた、一人の男の物語である。(ドドンドドンドドンドドンドン 風の中のすばる〜 砂の中の銀河〜♪

 

5:30AM 起床

「SFC修行も残るは2回の沖縄とハワイだけ。続きは、ブロンズ事前サービスが始まる4月中旬からにしよう」と思っていたんですが、急遽3月22日にOKAタッチをやることにしました。

 

なぜか? 

 

スターバックス×ANAのコラボボトル

 

これです。毎年春恒例の「ANA×スタバ×サーモス」コラボのさくらボトルが発売されることに気付いたからです。3月14日から3月31日までの国内線機内販売限定品で、たったの2週間しか販売されません。毎年すごい勢いで売り切れるんですよね。ヤフオクでも人気になります。これを逃すと二度と手に入らないので、予定変更で急遽乗ることにしました。

 

昔は「機内販売って意味ある?」という否定派でしたが、最近なんだか、乗るたびに何か記念に買っておきたいという欲求があるんですよね。朝6時の時点では「ちゃんと在庫あるかな〜? 機内に乗り込んだらすぐにCAさんに言おう」と、のんきに考えてたんですが……。

 

7:40AM 羽田空港到着

平日朝の穏やかな羽田空港第2ターミナル

 

第2ターミナルP4駐車場に車を停め、ターミナルビルに向かいました。空港内はいつもどおりの人の数。決して混み合ってはいません。もちろんこの時点で、搭乗を司るサーバーの1台が停止していることなど、ANA地上職員も含めて、この場にいる誰一人知りません。実に平和な、いつも通りの平日の朝でした。

 

ANAプレミアムチェックイン

 

空港内をぶらぶらと歩き(この時間が大好き)、人の流れを眺めつつプレミアムチェックインへ。8時14分に撮影した写真でもこの通り、ガラガラです。行列なんてもちろんありません。

 

8:15AM プレミアムチェックインの保安検査が地獄に

NH995の2次元バーコード

 

羽田発那覇行き、NH995は9:10発の予定です。私の前に、一人だけ保安検査を受けている人がいました。その人がスッと通過するのを見届け、後に続いて、iPhoneに入れてある2次元バーコードを機械にピッと。機械から出てくる紙を受け取……、えっ、紙が出てこない。機械の表示は「ただいま通信中です」。20秒……40秒……。いつまで経っても紙が出てきません。

 

「やっべ。なんかおれ、間違えたかな。他にもPassbookにたくさん2次元バーコード入れてたから……。うわあ……、後ろにどんどん行列ができてるよ~。みんなおれのこと睨んでるよ~。心の声が聞こえてくるよ~。”早くしろよ” ”とりあえずそこをどいて俺を先に行かせろ” ”おまえ本当にプレミアムクラスか? 来るとこ間違えてないか?” ”なんかこの人臭くない?” ”死ねばいいのに” うわああああああ」

 

これ、本当にパニック障害抱えてる人だったら卒倒してますね(笑)。冷や汗だらだら出てきましたよ。さらに悪いことに、係員が、試みに私の後ろに並んでいる人を先に通してみたら、何の問題もなくスッとバーコードが通ったんです。

 

これはいよいよ私の搭乗券に問題があるんじゃないかという、場の雰囲気が形成され始めました。行列からの憎悪の視線が痛いです。激痛です。もういや。帰ってあったかいお布団で寝たい。

 

ここで、機械が不調なのではないかと考えた係員が、私のiPhoneを持って、別のカウンターの機械に通しにいってくれました。そして判明する大トラブル。なんと全てのカウンター、全ての機械が「ただいま通信中です」という状態のままとなり、ついに「取り扱い中止」という表示になったのです。

 

天を仰ぐ保安検査職員

 

「やったー! おれのせいじゃなかったー! 」 やったーじゃありませんよ。それどころじゃない。係員から「大変申し訳ありません。システムトラブルのため、もうしばらくお待ちください」とアナウンスがありました。これは「もうしばらく」で済むわけはないな、と直感的に思いました。

 

 

出発時刻が迫っている人たちがざわざわし始めましたが、大規模システム障害なら、誰もチェックインできませんし、保安検査を通れませんから、当然飛行機も飛べません。客のほとんどを置いてけぼりにして飛ぶことになりますからね。逆に心配は要らない状態です。

 

なんと、50分もプレミアムチェックインの保安検査所に缶詰にされてしまったのでした。

 

9:05AM ANAラウンジにようやく到着

9:05にようやく、システムがほんの一瞬再開したため、無事2次元バーコードが読み取られ、保安検査を通過できました。

 

立ちっぱなしで疲れ切っていたため、すぐにANAラウンジに入室を試みましたが、ここでもバーコードを読み取ってもらえません。申し訳なさそうに職員さんが「ええと、プレミアムクラスご搭乗ですか?」と聞いてくるので「はい、(みすぼらしくて、どこからどう見ても普通席の客、もしくはゴミ修行僧に見えるでしょうが、実は)プレミアムクラスです」と答えたら、機械を通すことなく入れてくれました。ここで追い返されてたらさすがに怒りますよ。

 

ANAラウンジでのんびりビール

 

ラウンジの外の様子はこの時点で全くわかっていません。保安検査通れたし、これで全て復旧したのかな? と思ってのんびりしていましたが、羽田空港はこの時点で阿鼻叫喚の地獄絵図だったんですよね……。

 

 

「もしもプレミアムクラスにせず、ラウンジに入れていなかったら」「もしも30分遅く保安検査にたどり着いていたら」。想像するだに怖ろしい。ギリギリのところで、くつろげるANAラウンジに入れた自分はまだラッキーでしたね。

 

結局、NH995は大幅な遅延となり、ANAラウンジの中で2時間近く待たされることになりました。立ちっぱなしのまま保安検査の手前で待ち続けた人に比べたらどうということもないですが……。

 

11:00AM 搭乗後も待つわ待つわ

機内からの眺め

 

今回の座席は前方右窓側の2K。搭乗後、この風景を30分以上は眺めましたね。未だ保安検査を通過できていない人が多いのと、出発時刻が不明な時間が長すぎて、搭乗ゲートから遠く離れたところで時間を潰していた人が多いため、全然乗客が集まっていないんです。CAさんも暇そうなので、この隙に機内販売のさくらボトルを注文しておきました。在庫はあるとのこと。もうそれどころじゃないですけどね。

 

11:30AM 謎のセレブ4人組が乗り込んでくる

出発直前に乗ってきた4人組のセレブが気になりました。いずれも一目で富裕層とわかるこぎれいな格好です。

 

1人は、ラグビー日本代表の五郎丸選手を身長190cmほどに伸ばして、チャニング・テイタムを足したような屈強な色男。体重100kgはありそうで、格闘家かと思いましたが、それにしては顔がかっこよすぎます。もう一人はモデル然とした長身のサングラス美女。そしてその美女に抱かれている小さな女の子。最後に、ニット帽をかぶった細身の若いあんちゃんです。2-3-2の真ん中、2D、2F、2Gに着席しました。

 

とにかく格闘家風の人が目立つので、そちらにばかり目を奪われていたんですが、後でびっくりすることになりました。

 

11:45AM 離陸

出発は実に2時間半遅れ。もうこうなると、どうにでもなれという感覚ですね。とりあえず今日の修行が無事済めばいいやみたいな。この時点では「もしかしたら帰れなくなるかも」ということにまでは想像が及びませんでした。可能性としては大いにあったわけで、思い返すとヒヤリとします。

 

羽田-那覇間で見える富士山

 

離陸後すぐに富士山。きれいわ~。癒やされます。

 

往路機内食

 

遅延があったせいなのか、朝食っぽいものではなく、お昼に出されるような軽い機内食でした。スープ、サンドイッチが二切れ、サーモンが二切れ、フルーツ、だけ。全然足りなかったので、初めて軽食も注文してみました。

 

好きなときに食べられる軽食のクッパ

 

CAさんが「叙々苑監修のサムゲタンです!」と元気よく言っていましたが、多分クッパの間違いですね(笑)。スパイシーで美味しいです。これでやっとお腹がふくれました。

 

14:00PM セレブが誰だか気付く

着陸前、セレブの小さい女の子が、子供らしい声を出していて、賑やかだったんですね。「かわいいなあ」と思って、何気なくそちらを見ていて、ふと私の隣の隣、2Gに座っているニット帽の若いあんちゃんの足元に目を奪われました。クロムハーツのブーツだったんですよ。「うわー、すごいな。若そうなのに、どんなお金持ちなの」と思って、少しお顔を覗き込んでギョッとしました。

 

「(うわ、小栗旬さんだ……。えっ、ということは真ん中の美女は山田優さん? わー、山田さんだ。間違いない。女の子は小栗夫妻のお子さんとして、格闘家風は一体誰なの!?)」

 

結局格闘家風の男性が誰なのか今もわからないんですが(笑)、テンションあがりました。私、小栗旬さんの大ファンなんですよ。日本で一番好きな俳優さんです。降機するときに、「ミュージアム楽しみにしてますよ!」とか「クローズZERO最高っス!」とか話しかけたい気持ちになりましたが、そこはぐっと我慢です。修行僧たるもの、身の程をわきまえて、誰にも迷惑かけちゃいけません。

 

その後、小栗さんたちは那覇空港で若い女性たちに気付かれて、写真撮られまくっていました。いや、お子様連れのプライベート旅行なんだから写真はやめたれよ……と思いましたね。

 

14:50PM 那覇空港でやっと大惨事に気付く

到着後、小栗さんをストーキングしたい気持ちをぐっとこらえ、到着ロビーから出発ロビーの方へ行ってみました。どれほどの混雑になっているか気になったので。

 

 

チェックインカウンターが完全に麻痺していました。この人達は一体どれだけの時間ここに立ち続けているのか……。想像するとクラクラしてきます。

 

私が乗る復路便はNH474。予定通りなら18:10のフライトなので、那覇市内まで出て遊ぶ時間はありません。空港内をぶらぶら散策して、A&Wでビッガーチーズバーガーをひとつ買い、早めにANAラウンジに入りました。

 

16:50PM ANAラウンジに入る

那覇空港ANAラウンジでA&Wを

 

帰りは少し遅くなるかもしれないけど、機内食が出るし、軽くハンバーガー1個で済ませておこうと考えたのが失敗でした……。ラウンジでずっと搭乗を待っていたところ、19時頃、アナウンスが入ったんです。「テラヤマ様、いらっしゃいましたら受付係員までお申し出ください」と。

 

お詫びの品とかかな? と思っていたら案の定そうでした。

 

クーポンをもらった

 

「テラヤマ様、お急ぎのところお待たせしてしまい、大変申し訳ありません。羽田便なのですが、こちらへの到着が21時を過ぎる見通しです。そのため、機内食の有効期限が切れてしまい、廃棄することになりました。大変申し訳ありませんが、こちらのクーポンでお食事などなされてください。クーポンの期限は半年ありますので、今日お使いにならなくても大丈夫です」

 

えっ(笑)。もう制限エリア入っちゃってるので、食事って言っても、ANA FESTAのお土産屋だけですよね。おにぎりとかそれくらいしかないじゃないですかー。こんなことなら、保安検査前にどこかでがっつり食べておけばよかったー。と思いましたが、にっこり微笑んで「いろいろ大変ですね」とANA職員さんを労っておきました。

 

仕方ありません。制限エリアのANA FESTA行ってきます。

 

 

もう笑うしかないですよねこれ。結局、NH474は18:10発の予定が22時を過ぎることになりました。なぜかNH474より遅い便の方が先に出発できてしまったため、3月22日那覇空港の最終便となってしまったんです。この日に帰れただけでもマシかもしれませんが、ANAラウンジにいた時間は実に5時間……。

 

いくらラウンジ好きの私でも、5時間はきつい……。つらかったです……。

 

最終便となり閑散としている那覇空港

 

がらーん(笑)。人っ子一人いない那覇空港。疲れてるし、お腹空いてるし、誰もいなくて寂しいし。もうやだ。早く帰りたい。

 

22:00PM 4時間遅れの出発

もう、乗ってる人全員、異常に疲れてるのがありありと見て取れましたね。機内食はありませんでしたが、軽食メニューは幸運にも健在でした。そのため、往路でも食べたクッパをもう一度食べることに。ないよりマシです。それと、帰りの機内販売で、さくらボトルをもうひとつ買っておきました。ヤケクソです。

 

結局、なんだかんだで家にたどり着いたのは深夜1時。でも、帰れただけでもマシかもしれません。欠航や遅延のせいで現地延泊だった人も相当いたと思います。

 

まとめ

ANAの大規模システム障害で、「影響を受けた7万人」の内の一人になっちゃいました。でも、修行らしいエクストリームな体験でしたよね。正直、バンコクJGC修行以上に疲れましたが、巻き込まれている最中は「これはブログネタとして美味しいかも」と思っていたのも事実です。小栗旬さんにも遭遇できましたし、意外と楽しかったというのが実感です。

 

しかし仕事で飛行機に乗る必要があった人たちと、ANA自身の損失は計り知れません。一日も早い原因究明と再発防止に全力をあげてほしいなと思いました。

 

関連記事