ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

GMOあおぞらネット銀行の口座開設&外貨預金で12,500円

外貨預金

 

GMOあおぞらネット銀行の口座開設と外貨預金をすると、12,500円相当のちょびリッチポイントがもらえる案件のご紹介です。カード発行やFX等の案件をこなしてきた人にとっては簡単でしょうが、少々毛色が違いますので、詳しく解説いたします。

 

続きを読む

ぐるリザは面倒要らずで大量マイルが貯められます

外食

 

マイルを貯めるためのポイント案件は数あれど、外食案件ほど安定的に、大量のポイントを貯められるものは他にありません。私がブログでマイルの貯め方を書くようになったとき、「これをブログで公開したら、すぐに改悪が起こって使えないメソッドになってしまうかもしれない」と、一番危惧していたのも、何を隠そう外食案件です。2016年以降の陸マイラーブーム(?)によって参入者が増え、日々改悪が続く中、なかなかしぶとく生き残っていますよね。

 

この記事では、外食案件の中でも特に幹事さん向けに、超大量ポイントを稼げるぐるリザ』をご紹介します。

 

続きを読む

【緊急】ANA JCBカード(ソラチカ含む)の発行で7,000円相当のポイント

ソラチカ

 

少し前からANA JCBカード(ソラチカ含む)の発行案件がポイントサイトで復活しています。ドットマネーやPeXからのソラチカルートが封鎖され、新規加入会員の勢いが衰えたことがきっと原因ですね。

 

ちょびリッチでは7,000円相当のポイントがもらえるので、ソラチカの発行案件としては史上最高額レベルです。ドットマネーやPeXからの交換が封じられ、交換率が0.9倍から0.81倍に下がったとはいえ、LINEポイントルートでは相変わらずソラチカが必須ですから、まだこのカードを発行していない人にとってはチャンスです。

 

また、既にソラチカを保有しているという人も、ANA JCB一般カードを発行すれば同様に7,000円相当のポイントがもらえ、さらにJCB側のキャンペーンで大量マイルを獲得できます。ただし、ソラチカとANA JCB一般カードの同時発行はおすすめしません。どちらか片方だけにしておきましょう。

 

続きを読む

【緊急】JALアメリカン・エキスプレス・カード発行で17,200円還元!

最終更新日:2018年8月24日

f:id:kowagari:20170329095630p:plain

 

2017年にもご紹介したJALアメリカン・エキスプレス・カード発行案件が、ちょびリッチで高騰しているので、再びご紹介します。既に他のJALカードを保有している方や、退会後1年以上経過していない方も乗れません。JALカードを新規発行する、という方だけが対象です。

 

現金化すれば17,200円。マイルに交換すれば理論値13,932ANAマイル。年会費は初年度から6,480円がかかりますが、それを考慮に入れても大きな案件です。

 

続きを読む

マイルを貯める外食モニターはファンくるの使い勝手がNo.1

外食モニター

 

普段の外食を、効率よくマイルに交換できるモニター案件。皆さんやっていますよね? クレジットカードの発行や、FX口座開設&取引も大量マイルを貯めるのにぴったりですが、一度やってしまうと二度目はありません。モニター案件は、同じ店を何度も利用できますから、継続して安定的にマイルを貯めることができます。

 

既に当ブログでは『誰でも爆発的にANAマイルが貯まる外食の裏ワザ 』という記事で、この方法を詳しく解説してありますが、今回の記事では、外食案件のシステムを各ポイントサイトに提供している『ファンくる』(株式会社ROI)をご紹介します。

 

続きを読む

2018年2月のマイル aiboとPS4 Pro

最終更新日:2018年3月5日

シンガポール行きの機内ので飲んだ日本酒

 

  ANA JAL SQ BA
前月保有 773,922 387,354 141,300 135,000
2月獲得 82,446 19,410     
2月利用 ▲120,000      
今月保有 736,368 389,354 141,300 135,000

 

2018年2月のマイル

 

2018年2月末時点での保有マイルです。ANAが(ファミリーマイル含めて)736,368マイル。JALが389,354マイル。シンガポール航空が141,300マイル。ブリティッシュ・エアウェイズが135,000マイルです。

 

ANA12万マイルは、来年冬のハワイCクラス特典航空券取得に利用しました。ここ数年、冬のハワイは非常に天気が悪く、気候変動によって貿易風も弱くなり、爽やかさがなくなってしまったと言われています。冬はもうやめておいた方がいいかもしれませんね。

 

続きを読む