ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

ANAマイルの貯め方、交換の仕方、使い方まとめ

最終更新日:2017年6月10日
 
このページは、当ブログ『ANAとマイルのパパじゃない?』各記事へのまとめリンク集です。順番に読むことによって、効率よくマイルの貯め方、交換の仕方、使い方を理解できるようになっています。このページはPC版サイトなら右サイドバーの上部、スマホ版サイトなら画面右上の「≡MENU」から呼び出すことができます。
 

大量ANAマイルの貯め方 -概要と準備-

 

大量のANAマイルを貯めるにはポイントサイトの利用が必要不可欠です。また、ポイントサイトで貯めたポイントを、高レートでマイルに交換するため、ソラチカというクレジットカードの発行が絶対必要になってきます。まずはソラチカを発行し、ポイントサイトの会員登録をします。
 

ポイントサイトの案件で貯める

食事で貯める

 

1回の外食で2,700~4,500マイルほどが簡単に貯まる方法です。初回限定であるクレジットカード発行案件やFX案件と違い、繰り返し何度でも、安定して、大量のANAマイルが貯められるので、これをメインに利用していくのがおすすめです。月にたった3回外食するだけで、毎月1万マイル以上が簡単に貯められます。

 

商品モニターで貯める

 

外食案件があるポイントサイトには必ず商品モニター案件もあります。複数のポイントサイトで一斉に同一商品のモニターを行なうことで、大量マイルを貯めることができます。

 

クレジットカードの発行で貯める

 

初回限定という制約がありますが、クレジットカード発行案件は最も簡単なマイル獲得手段です。ただし、「多重申込み」と「解約」についての知識が必要です。各ポイントサイトで様々なクレジットカード発行案件があり、もらえるポイントもその時期によって大きく異なるため、どれを発行すればいいかは一概に言えませんが、年会費無料カードならおおむね6,000~9,000ポイント以上を目安にしてください。また、アメックスとダイナースは強力なキャンペーンが行なわれている時に発行します。

 

カードローン案件で貯める

 

カードローン案件は基本的にクレジットカード発行案件となんら変わりません。「クレヒスに傷がつく」ということもありません。1年に1~2枚程度のペースでこなすのをおすすめします。

 

バイマイルで貯める

 

「マイルの価値」に着目すれば、バイマイル(マイルをお金で買うこと)も有効なマイル獲得手段です。ヤフオクでの売却と組み合わせることによって、ほとんど微々たる金額で大量のマイルを獲得できます。

 

ポイントサイト、その他の貯め方

 

ポイントサイトの案件をじっくり見ていくと、日々の生活で利用できるシーンがいくつもあることに気付きます。細かいものも取りこぼしたくない人は、常に「これはポイントサイト経由でマイルが貯まるのではないか?」と意識してください。

 

FX案件は危険性をしっかり理解した上で利用すれば、それほど難しいものではありません。大量マイルを獲得できますから、是非挑戦してみてください。

 

クレジットカード決済で貯める

 

当ブログがおすすめする決済用クレジットカードは、ANA VISA ワイドゴールドカード。ソラチカは保有するだけで決済にはあまり使いません。いずれにしても、カード決済では年間1~5万マイルほどしか貯まりませんので、あくまでもポイントサイトの補助と考えてください。決済カードをどれにするか悩むのは時間の無駄です。

 

クレジットカードのキャンペーンで貯める

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードや、ダイナース、ANAカードでは、常に新規入会キャンペーンが行なわれています。「○ヶ月以内に○万円決済するとボーナス」というような内容で、数万マイルが獲得できます。

 

友達紹介で貯める

 

家族で貯める

 

貯めたポイントをマイルに交換する方法

マイルの使い方

 

マイルは特典航空券に交換するのが基本です。国際線の人気路線は非常に取りづらいので、旅行の355日前、座席が開放された直後に取ってしまいましょう。国内線では「14泊15日からの往路変更」という裏ワザを使います。

 

 

大量に貯めたマイルをANA SKYコインに交換すると、上級会員資格であるANAスーパーフライヤーズカード(ANA SFC)の取得に使えます。通常50万円ほどかかるSFC修行がほぼ無料となります。