読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

【狂気の証 紫ダイヤ】ANAとJALの両方でダイヤモンド修行を解脱しました

狂気の証 紫ダイヤ

 

マイラー界隈ではANA派を青組、JAL派を赤組、分け隔てなく乗る人を紫組、SFC修行とJGC修行の両方を行なうことを紫修行と、いうとかいわないとか……。

 

2016年12月20日、JALダイヤモンド修行のラストフライトを終え、晴れて紫ダイヤとなった私の、修行の軌跡を振り返りたいと思います。今回はフライトデータは省いて、心の動きを追ってみます。

 

2015年5月 ANA SFC修行を決意

私がSFC修行を決意したのは2015年5月頭。それまで、ANA マイルの貯め方については人には負けない自信がありましたが、正直なところ使い方に関しては人並み以下でした。夫婦2人、1年に1回か2回、ANAビジネスクラスでハワイに行くだけでしたから。

 

そんなある日、JALダイヤモンド会員を何年も維持している、出張族の取引先営業マンと、いつものように飛行機談義をしていて、「陸マイルがすごい貯まるようになったのはいいんだけど、ここまで貯まるともう使い道なくて困りますね。そんな年に何回も海外旅行行くような余裕ないし。でも余ってるからといって、現金化したら価値下がってもったいないし」と贅沢な愚痴をこぼしたら、「テラヤマさん、だったらマイルをANA SKY コインに換えたらどうですか?」と言われたんです。

 

これが全ての始まりでした。その当時の興奮は、別のブログに綴ってあります。

 


あちらはしょうもない、くだらないことを書いてるブログでしたので、読むと文体とか全然違います。元々『ANAとマイルのパパじゃない』というブログタイトルも、あちらのブログタイトルに合わせて適当に付けただけなんですよね(笑)。

 

そこから、いかにキャッシュアウトを無くして、効率良く、尚且つ楽に修行していくかという計画を立て始めました。

 

SFC修行計画段階

今思うと杜撰極まりない計画なんですが(笑)、「1ヶ月に1回程度、プレミアム株主優待で沖縄単純往復を7回行い、PP単価を無視してホノルル線Cクラスを1回修行に組み入れる」というものでした。「マイルは足りるだろうし、PP単価はそんなにシビアに考えないでいいや」と思っていたんですよね。

 

争奪戦の激しいプレミアム旅割28や、PP単価の安い旅割普通席も一切狙わず、全てプレミアム株主優待を使うことにしたため、スケジューリングもめちゃめちゃでした。これだと、乗りたいときにフラッと乗れますから。「1ヶ月に1回、とにかく乗ればいいでしょ」という感じです。もう、今思うと誰の役にも立たないゴミ計画ですよね(笑)。

 

「1ヶ月に1回くらいじゃないと疲れるし、飽きちゃうだろうからなあ」とも思っていました。

 

2016年1月 SFC修行開始

2016年1月5日、記念すべき修行初フライトに出発した途端、自分の過ちに即座に気付きました。「やべえ! ちょー楽しい! 来週も乗りたい! 毎週乗りたい!」って思ったんです。

 

 

当初は1ヶ月に1回程度乗ればいいやという感じだったのに、そこから狂ったようにフライトスケジュールを前倒ししていき、1月には結局4回の沖縄単純往復を行ないました。毎週です。

 

全部で7回でいいのに、そのうち4回をもう1月に終わらせちゃったんですね。

 

「修行のゴールに相応しいのは、やはり毎年恒例にしているハワイ旅行だろ」という思いが強かったため、7月のハワイまで、解脱したくてもできないという、自縄自縛に陥りました。

 

また、1月にはもうひとつのステータス、JALのJGC修行をやることも決めました。

 


今となっては語り草の「名古屋-バンコク線 CクラスでFOP2倍」というとんでもないキャペーンがあったためです。もう居ても立ってもいられなくなりまして、3月のJGCフライトを2つ予約してしまいました。

 

しかし、この時点ではまだまだダイヤモンド修行など、心のどこにもありませんでしたね。ダイヤの先輩から、「ダイヤモンドは全然違うよ~。ANA SUITE LOUNGEいいよ~」と何度けしかけられても「いやいやいや、無理ですって!w」と言っていましたから。

 

2016年3月 JGC修行に出発

キャッシュアウトゼロのSFC修行と違い、JGC修行は全て懐の痛む出費を伴います。普通に考えたら私風情の底辺サラリーマンには到底できることではないんですが、2016年あたりから、ブログのアクセスが激増し、Google Adsense等の収益が上がってきたんですね。さらに、ポイントタウンのビットコイン2倍キャンペーンという、これも今考えたら狂ってるとしか思えない大盤振る舞いがあり、修行の原資には事欠かない状態となっていました。

 

「じゃあもうブログで得たものはブログ記事に還元するべきだろ」という正当化も、脳内ですんなり通りまして、JGC修行に関してはためらうことはなかったです。でもまだこの時点では、ANAダイヤも、JALダイヤも、全く想像すらしていませんでした。

 

2016年4月 SFC修行のゴールが見える

4月に1回沖縄往復をしたら、後は7月のハワイまで、なーんにも予定が無い状態でした。ここで来ましたね、修行ロスが。

 


もう終わり? もう乗らないの? こんなに楽しいこと、たったこれだけで終了? という気持ちが極限まで膨れあがり、止められませんでした。いきなり4月5月6月に、詰め込めるだけ詰め込んで、一気にANAダイヤモンド取得までのスケジュールを組んでしまいました。ゴールは変わらず7月のハワイ。ホノルルから帰ってきた瞬間、自分はANAダイヤモンド会員になる! というワクワク感で頭がおかしい状態になってましたね。

 

ここから先は、マイルの数が足りていません。もう全てが純粋なキャッシュアウト。当ブログの売りは「1円もお金を出さずにSFCを取得する」というものだったのに。

 

 

2016年4月19日、JGC解脱。なんと、SFCより先に解脱しちゃいました。意味がわかりません。

 

2016年5月6月 エクストリーム感を求めたANA DIA修行に突入

 

2016年5月12日、SFC解脱。もうこの時点では既にダイヤ修行のフライトがぎっしり入っていましたから、感慨深さはあっても、「あくまでも通過点」といった雰囲気になっていました。

 

 

SFC修行が沖縄単純往復だけだったため、5月以降は那覇千歳を絡めた三角飛びや、成田を絡めたシーガルフライト、目先を変えて福岡修行などを行ないました。あ、シーガルフライトというのは私が勝手に命名したものでして、「羽田-那覇-成田-千歳-羽田」という四角飛びのことです。航路を一筆書きすると、カモメのような形になるんです。だからシーガルフライト(笑)。1日4レグを行なうことによって、少しだけ修行感が出てきました。

 

この辺りは少しPP単価についてもシビアに考えるようになり、プレミアム旅割28がメインになりました。「体調悪化したらキャンセル料高いな……」と思っていたんですが、結局一度もキャンセルすることはなかったです。というか、今年1年の私、体調不良で仕事を休むことはあっても、フライトを休んだことは一度もないんですよね(笑)。

 

2016年7月 恒例のハワイ旅行

ハワイ旅行記、結局全然書かないまま中途半端に放り出しています(笑)。旅行記書くの苦手なもので……。

 


2016年7月25日、ANA DIA解脱。年初には一切考えていなかったANA DIAを解脱し、ますます飛行機に乗りたい欲が高まりました。そりゃそうです。今までとは次元の違うダイヤモンドサービスを受けてみたいわけですから。乗らなきゃ受けられません。

 

ここで少し葛藤がありました。このままANAに乗ってダイヤのサービスを堪能するか、それとも、JALダイヤをも目指すか。実は4月の時点で、9月末の「ANAビジネスクラスでシンガポール8万円!」という伝説的旅作案件を既に予約済みでしたから、どう考えても無駄にPPが余ることが確定していたんですよね。

 

よし、こうなったらANA15万プレミアムポイント限定特典の特別仕様ネームタグ(通称亀タグ)取得までやってやる! となりました。

 

しかし、さすがにもう沖縄はいいだろうということで、全国ANAラウンジ巡りと15万PPの二兎を追うことにしたのでした。当然、この時点では「JALダイヤはあきらめよう……」となっていました。

 

2016年9月 JALダイヤ修行を決意

順調にANAラウンジ巡りを消化し、10月末には15万PPも貯まるという計算が立ったこの時期、「んー、10月末で15万PP修行が終わってしまったら、11月と12月はどうするの? 乗らないの? おうちに居るの? あと2ヶ月あれば、JALダイヤも充分狙えない?」という悪魔の囁きが聞こえてきました。悪魔というか自分の声ですが(笑)。

 

さすがにたった2ヶ月間でさらに5万FOPを上乗せするには、JALのファーストクラスで那覇を単純往復するくらいしか手がありません。もう仕方ないと割り切り、ここから一気に予約を入れていきました。

 

9月末には旅作シンガポールで、初めての国際線ANA SUITE LOUNGEを堪能。陸マイラーブログの同期修行僧たちと偶然の遭遇を果たし、ますます飛行機に乗る事へのモチベーションが高まりました。

 

 

やはり国際線はひと味違いますよね……。もっと海外に行きたい、という思いを強くしました。

 

2016年11月 15万プレミアムポイントを小浜島で


2016年11月2日、ANA15万PP達成。つい昨日のことのようですが、もう2ヶ月近く経ってるんですね……。この時行った、沖縄の小浜島での優雅なひとときが、また修行僧としての心構えに変化を与えたような気がします。

 

「連休のない仕事をしているので、どうしても修行は日帰りがメインになってしまう」

 

私を呪縛していたこの考えが、意味のないものに思えてきたんです。休めばいいじゃないかと。なんで休むことをそんなにも躊躇っていたのかと。

 

飛行機に乗ることが好きだ。旅行に行くのが好きだ。だったら、乗ればいい。行けばいい。お金の問題じゃない。時間の問題じゃない。本当は心の問題だ。

 

取引先や、友人に「ハワイ旅行行ってきたんだ」という話をすると、ほとんどみんなこう言うんですよ。「いいな~~~。羨ましい」と。でもなぜかみんな行かない。格安ツアーなら5万あれば行けるじゃないですか。年に1回、5万円くらいはなんとか捻出できるでしょ。羨ましいなら、行けばいいじゃないか。勝手に心にブレーキかけてるだけじゃないか。そういう風によく思っていました。

 

でも、それは自分自身も同じだったんです。「仕事を休めない」っていう呪いの言葉に縛られてました。休めます。本気で休もうと思えば、休めるはずなんです。休もうと思う心が死んでただけなんです。

 

紫ダイヤ修行は私の何を変えたのか

JAL10万FOP

 

2016年12月20日、JALダイヤ解脱。年初には想像すらしていなかった狂気の証、紫ダイヤというステータスを手に入れました。出張ゼロの趣味のフライトだけで。

 

ダブルダイヤになったからと言って、驕る気持ちは特に生まれていません。我ながら、いつも搭乗時は謙虚でいられてるなと思います。相変わらず飛行機のこと、何もわかっていませんし、世の中上を見たらキリがありませんから。もっともっとすごい人たちがいくらでもいます。知識や渡航数の多さといったことで、他の人と張り合おうとか追いつきたいという気持ちが全くないかと言ったらこれは嘘になりますが、そういうのは自分には向いていないなあという自覚もあります。

 

ただ、楽しむことに躊躇わなくなった自分が確実にいます。今まで漠然と「羨ましいな」と思うだけで、自分とは関係のない世界のことだと切り離していたのは、ただの心のブレーキに過ぎなかったことに気付いたというか。

 

浪費に躊躇がなくなったとか、そういうことでもないんですよね。何か説明が難しいですが、多分、修行をすると、多かれ少なかれ、こういう変化が心に起きるものなのかなという気がします。これが、いいことなのか、悪いことなのかはよくわかりませんが……。

 

まとめ

紫ダイヤ修行をしたら、人間が変わりました。楽しむことが悪いことで、苦労すること我慢することが尊いことだという強固な固定観念が、少しずつ剥がれ落ちていった感じがあります。

 

煌びやかな世界にはまだまだ馴染めていませんし、これからも馴染めない気がしますが、今まで全く知らなかった、そこに生きる人たちの楽しみ方の一端を垣間見ることができたのは、飛行機のおかげ、マイルのおかげだなあと思います。

 

関連記事