読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

ソラチカルートを効率良く回す、毎月の交換スケジュール

ポイント マイル メソッド 交換の方法 Adblock

最終更新日:2016年9月12日

 

ポイ探でポイントサーチすると、ANAマイラーにお馴染みのソラチカルート「ドットマネー → メトロ → ANAは、交換日数が約120日と表示されます。

 

f:id:kowagari:20160912072326p:plain

 

これは「最大で120日近くかかることもある」ということであり、メトロポイントにおける毎月の交換締め日を理解していれば、大幅に短縮することができます。

 

メトロには交換締め日がある

  • ドットマネー(or PeX)→メトロの交換締め日は毎月15日。交換完了は翌月11日頃。
  • メトロ→ANAの交換締め日も毎月15日。交換完了は翌月3~8日頃。
 
公式なアナウンスはされていないんですが、メトロポイントが絡む交換は、いつ申請しようが毎月の締め日である15日までは処理されずにペンディングされるようです 。これは、ドットマネーに限った話ではなく、PeXでも、Gポイントでも同様です。
 
たとえば、6月14日にドットマネー→メトロを申し込むと、6月15日で締め切られ、交換完了は翌7月11日。完了したら即座にメトロ→ANAを申し込めば、7月15日の締め日に間に合い、翌8月8日頃にはANAへの移行が完了します。この場合、ドットマネー→メトロ→ANAにかかった日数は55日間となります。
 
逆に言うと、メトロポイントが絡まない部分、たとえば「ちょびリッチ→ドットマネー」のような部分は、早いものでは即日、遅くとも1週間以内には交換が完了するため、締め日を意識する必要はそれほどありません。
 
あくまでもメトロの締め日、15日までに間に合うように、交換していくことが大切です。
 
ひとつ注意する点は、メトロ→ANAへの交換が完了するのは3~8日頃なんですが、この時点ではまだ次のメトロ→ANAの交換はできないということです。これは11~12日頃にならないと、次の交換ができません。
 

リマインダーを利用して交換申請を忘れないようにしよう

メトロの締め日を踏まえ、「毎月繰り返し」のリマインダーをカレンダーアプリ等に設定して、毎月決まった日に交換申請を行うようにするのがベストです。
  

f:id:kowagari:20150913182540p:plain

 

  • 毎月5日にハピタス3万→ ドットマネー(3営業日で移行完了)
  • 毎月12日に ドットマネー2万→メトロ(翌月11日に移行完了) 
  • 毎月12日にメトロ2万→ANA(翌月3~8日頃に移行完了)
  • 毎月25日にANAカードのポイント→ANA(数日で移行完了)
 
ハピタスは1ヶ月3万ポイントまで、メトロポイントは1ヶ月2万ポイントまでという毎月の交換上限があるため、大量のハピタスポイントを獲得、保有している場合、こういったスケジュール管理も重要になってきます。
 
うっかりメトロへの交換、メトロからの交換を忘れてしまうと、まるまる1ヶ月分18,000マイルが加算されないということになってしまいます。
 
鍵になるのは12日ですね。この日に必ずメトロがらみの交換を行なうようにしてください。ドットマネー→メトロ、もしくはPeX→メトロ。そしてメトロ→ANAです。最悪でも15日までにはこれを必ず完了する必要があります。
 

ソラチカルートで年間276,000マイル

ハピタスポイントが毎月交換上限以上に貯まると、3万のうち2万はソラチカルートで1万8千マイルに。1万はTポイントルートで5千マイルに。合計で毎月2万3千マイル。年間にして27万6千マイル。恐ろしい破壊力ですよね。Tポイントルートは価値が半減してしまうので、3万のうち1万は現金化する陸マイラーも多いです。
 

f:id:kowagari:20161204125350p:plain

関連記事