読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

アメリカン・エキスプレスの5万マイル超えキャンペーンが今年もやってきた

Adblock ポイント案件 クレジットカード キャンペーン

f:id:kowagari:20160509161055p:plain

 

2016年5月、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの大型キャンペーンがまた始まっています。昨年はブックオフ+アメックスのコラボキャンペーンで最大65,000マイルが手に入るという超絶案件がありましたが、今回はどのようになっているか、詳しく見てみましょう。まだアメリカン・エキスプレスのプロパーカードを発行したことがない人なら絶対に見逃せません。

 

今回は、決済額によって、2つの発行スタイルから選択することができます。

 

Amazonコラボキャンペーンは3ヶ月で50万決済が必要

今年は残念ながらブックオフのコラボキャンペーンは今のところ始まっていないようです。その代わり、昨年もあったAmazon+アメックスコラボキャンペーンが始まっています。申込期限は2016年7月10日まで。

 

Amazonで何か買物をした際、箱の中にキャンペーンコードが書かれたパンフレットが入っています。キャンペーンコードは昨年のものとほぼ同じです。ちなみに昨年のコードは「AMZN2015」でした。申込自体は以下のページで行ないます。

 

https://www.americanexpress.com/japan/apps/dct/ap_cam/amaz01_gld/index.shtml

 

f:id:kowagari:20160509161246p:plain

 

キャンペーン内容

  • 初年度年会費無料
  • 入会から3ヶ月以内に25万円以上の決済でAmazonギフト券20,000円
  • 入会から3ヶ月以内に50万円以上の決済で40,000ポイント(40,000マイルに交換可能)
  • 公共料金の支払いで10,000ポイント(10,000マイルに交換可能)

 

マイルという観点からすると50,000マイル止まりなので、昨年のブックオフコラボと比べると少し見劣りしますが、50,000マイル+Amazonギフト券20,000円ですからね。決して悪い内容ではありません。

 

しかし、3ヶ月以内に50万円以上の決済という部分が、人によっては相当な負担になってくることは間違いありません。普段から「毎月17万円ほどはカード決済している」という人はこちらを積極的に狙ってみてください。

 

また、公共料金の支払いで10,000ポイントというのは、「6ヶ月間、決済毎に2,000ポイントが付与され、最大10,000でポイントで打ち止め」ということになっています。対象となる公共料金は以下。

 

f:id:kowagari:20160509161949p:plain

 

ケータイ、プロバイダ、電気、ガス辺りをアメックス払いにすれば、2ヶ月であっさり条件は満たせますね。ただ、公共料金の切替は意外と面倒くさいものです。そういう人はNetflixとhuluの支払いをアメックス払いにすればいいでしょう。この2つだけにしておいても、3ヶ月で条件を満たし、最大となる10,000ポイントが手に入ります。

 

もう一度おさらいしておきましょう。Amazon+アメックスのコラボキャンペーンで手に入るのは、50,000マイル+Amazonギフト券20,000円分です。

 

決済額が少なくて済むポイントサイト経由のキャンペーン

「3ヶ月で50万円も決済するのは無理だよ~」という人の場合、ポイントサイト経由でアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを発行し、公共料金支払いキャンペーンにだけ乗るという方法が使えます。

 

id:jikishiさんの記事にも詳しいのですが、私の方でも解説しておきます。

 

 

まずは『どこ得?』で「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を検索。

 

f:id:kowagari:20160509163351p:plain

 

GetMoney!が最も高額で18,000円もらえます。ちょびリッチが16,000円。ポイントタウンとモッピーが12,000円ですね。新たなポイントサイトに登録するのが面倒であれば、いつも使っているポイントタウン経由でも構いませんが、さすがに6,000円(5,400マイル)の差は大きいので、今回はGetMoneyを使いましょうか。

 

GetMoney! 利用前の注意点

GetMoney!で一つ重要なことは、「会員登録後、最初のポイント交換は現金にしかできない(マイルに交換できない)」ということです。18,000円をそのまま現金にしてしまってはマイラーとしては面白くないので、今回のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの発行案件をこなす前に、まずは何か一つ案件をこなして、現金化を済ませてからにする必要があります。そこだけ注意してください。

 

GetMoney!の現金化は5,000pt(500円)から可能です。U-Nextの案件がちょうどアメックスの公共料金支払いキャンペーンに利用可能な上、31日間無料トライアル、なおかつポイントは即時加算されるので、こちらで先に7,000ptもらっておき、700円に現金化を済ませておきましょう。

 

f:id:kowagari:20160509164254p:plain

 

これをやり忘れて、昨年のダイナース発行案件で5万マイル分を現金化せざるを得なかった人がたくさんいます。気をつけてくださいね。また、GetMoney!は「とんでもない数のメールが届く」「しかもそのメールを解除できない(解除すると退会になる)」という厄介な一面があるので、普段自分がメインで使っているメールアドレスではなく、捨てアドで登録することをおすすめします。

 

GetMoney!のアメックスゴールド発行案件

f:id:kowagari:20160509165219p:plain

 

GetMoney!でのアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード発行案件には特に条件はありません。単に発行が済めば、180,000pt(18,000円相当)がもらえます。このポイントはソラチカルートで 16,200マイルに交換することができます。初年度年会費無料ですから、損は全くありません。

 

f:id:kowagari:20160509165810p:plain

 

ポイントサイト経由で発行後、公共料金支払いキャンペーンに乗る

GetMoney!やその他のポイントサイト経由でアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを発行すると、以下のキャンペーンに乗ることができます。

 

f:id:kowagari:20160509170145p:plain

 

  • 初年度年会費無料
  • 3ヶ月間、公共料金の支払いで、1回の支払い毎に2,000ポイントプレゼント

 

こちらのキャンペーンのすごいところは、先ほどのAmazonコラボキャンペーンの公共料金支払いと違って、上限がないところにあります。3ヶ月の間に、登録できるだけの公共料金を全て登録しましょう。対象となる公共料金は以下。

 

https://www.americanexpress.com/japan/apps/digi/rcp/campaign/gold/index06_lb2.html

 

たとえば「東京電力」「東京ガス」「東京都水道局」「東京都税」「ケータイ」「固定電話」「プロバイダ」「Netflix」「U-NEXT」「hulu」の全てをアメックス払いに指定した場合、登録が間に合い3ヶ月全て支払うことができれば、50,000ポイント(50,000マイル相当)を超えることも理論的には可能です。

 

先ほどのGetMoney!経由のポイントが16,200マイルでしたから、合わせて66,200マイル! 

 

ケータイ回線を一人でいくつも持ってる人はとんでもないことになる可能性があります。詳しくはid:monimonita333さんの記事を参照してください。

 

 

また、プロバイダの格安プランをいくつも契約する方法というのもid:Tortさんが考えつかれています。

 

 

実際は、公共料金支払いの切替が間に合わず、3ヶ月間でまるまるもらえるかどうかは微妙ですが、それにしてもほぼお金を使わずにこれだけのマイルが貯まるというのはすごいことです。今後ルールが変更されてしまうかもしれないというリスクもはらんでいますが、これだけの大量マイルを一撃で手に入れられるチャンスは滅多にありません。是非狙ってみてください。

 

まとめ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの今回のキャンペーンは乗る価値ありです。

 

普段から決済額が多く、3ヶ月で50万円が可能な人なら、Amazonコラボに乗るのがいいかもしれません。50,000マイル+Amazonギフト券20,000円はかなりの好条件と言えます。取りっぱぐれもあり得ませんし、こちらは確実性が高いです。

 

「あまりお金を使えないが、公共料金の切替の手間は惜しまない」という人であれば、ポイントサイト経由で発行し、ポイントサイトと公共料金キャンペーンの二重取りを狙いましょう。こちらはさらに大量マイルを獲得できる可能性を秘めています。ルール変更がなされる前に、短期決戦で決めてください。

 

GetMoney!(げっとま)の登録がまだの人は以下からどうぞ。

 

関連記事