読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

【緊急】ちょびリッチ経由のJAL Masterカード(初年度年会費無料)発行で9,706マイル

ポイント案件 クレジットカード Adblock

JAL普通カード(Master)

 

カード発行案件では無類の強さを誇るちょびリッチから、ちょうどいいキャンペーンが始まりました。年会費初年度無料カードで9,000ANAマイル超えですから、まだJALカードを持っていない人なら是非乗るべきカード案件です。

 

ちょびリッチ✕ドットマネーのキャンペーン

今回はいきなりちょびリッチのトップページでJAL Masterカードを検索して申し込んではいけません。その前に、まずはキャンペーンにエントリーする必要があります。ちょびリッチの会員登録自体はお済みでしょうか? まだであれば、以下の記事を参照し、ちょびリッチの登録を先に済ませておいてください。

 


では、ちょびリッチに登録が済んでいるという前提で続けますね。以下のキャンペーンページにアクセスします。

http://www.chobirich.com/campaigns/160901_dotmoney/

 

ドットマネー祭

 

キャンペーンの条件は以下。

  • 期間は2016年9/1~10/31
  • エントリーを完了すること
  • キャンペーンページに掲載されている広告案件をこなす
  • ドットマネーに交換すると1,000マネーがもらえる

 

キャンペーンにエントリー後、カード発行案件に進む

早速キャンペーンにエントリーしてみてください。キャンペーンページには、以下のカード発行案件が表示されています。

 

JALカード発行案件

 

JAL普通カード(Master)を発行するだけで、他に何の条件もなく、19,000ptがもらえる案件です。ちょびリッチは2pt=1円ですから、これは9,500円相当のポイントですね。しかも入会後1年間は年会費無料ですから、「自分はANAのマイルを貯めているから、JALカードは必要ないのでは……」と悩む必要はありません。元々ソラチカ以外、必要にかられて発行するカードなど、陸マイラー道にはないのですから。

 

ただし、重要な条件があります。

 

  • 必ずJALカード(Master)を発行すること。他の国際ブランドは対象外。
  • 過去にJALカード(Master)を保有していたことがある場合は対象外。
  • 国際ブランドに関わらず、現在1枚でも他にJALカードを保有している場合は対象外。
  • JALカード退会後1年以内の申込みの場合は対象外。

 

それほど厳しい条件ではありませんから、JALカードを持っていない人ならほとんどの人が該当するかと思います。

 

今回もらえるポイントが何マイルになるのか計算

  • キャンペーンで1,000マネー(1,000円相当)
  • JALカード案件でちょびリッチ19,000pt(9,500円相当)
  • ちょびリッチからドットマネーへの交換で3%増量(285円相当)

 

合計すると、全部で10,785円相当のドットマネーに交換されることになります。これはポイ探で調べると、ソラチカルートで9,630マイルに交換できることがわかります。

 

ポイ探での計算

 

正確には10,700マネーが9,630マイルとなり、85マネーが余るという形になるので、理論値としては9,706マイルです。なかなかの好条件ではないでしょうか? また、初めてちょびリッチからドットマネーへ交換するという人なら、10%が増量されるので、950円相当。理論値は10,305ANAマイルになります。

 

 

JALカード発行後は

今回は特に「〇ヶ月以内に〇万円利用すること」とか、「キャッシング枠10万円をつけること」などの条件はありません。ただ発行するだけでポイント付与されますから、あとはカード年会費が発生する月をメモしておき、それまでに解約するなり、使い続けるなりするという流れになります。ちなみに翌年からかかる年会費は2,160円です。

 

将来的にJGC修行を視野に入れている人は、この普通カードから、修行前のタイミングでCLUB-Aカードに切り替えることで、スムーズにJGCを発行することができます。

 

JALはANAと違って、FLY ON ポイント(ANAで言うプレミアムポイント)を一気に稼げるキャンペーンが多いですから、「私は現金で修行をする」と決めている人は、意外と少ない金額で解脱することができます。大きなFOPキャンペーンが始まったら、即座にCLUB-Aに切り替えましょう。そのためには、毎月少額でもいいので、今回発行したJAL普通カード(MASTER)のクレヒスを積んでおくことが大事です。

 

まとめ

ANAのマイルを貯めているからといって、JALカードの発行をためらう必要は全くありません。うまくキャンペーンを利用して、大量マイルを貯めるのに役立ててください。ただし、くれぐれも他の国際ブランドを間違えて発行しないように注意してください。MasterCardですよ。

 

関連記事