読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルのパパじゃない

マイレージ、ポイント、クレジットカード、ハワイ、飛行機なんかについての陸マイラーブログ

羽田空港国際線ANA SUITE LOUNGEはこんなところ

ラウンジ

最終更新日:2017年3月12日

f:id:kowagari:20170211161715j:plain

 

2017年1発目の海外は台湾に行ってきました。初めての台湾です。ANA「ダイヤモンドサービス」メンバーとなってからは2回目の海外。記念すべき1回目は2016年9月のシンガポールでした。この時は成田発だったんですが、今回は羽田発。これでようやく、日本に2箇所しかない、国際線ANA SUITE LOUNGEを両方訪れることができました。

 

国内線はこれからANA SUITE LOUNGEが増えていくと思われますが、国際線に関しては今後も増えることはないでしょう。貴重な国際線ANA SUITE LOUNGEの内部をレポートします。

 

羽田空港国際線ANA SUITE CHECK-IN

毎度感じることですが、羽田空港国際線ターミナルはコンパクトすぎて、海外旅行に行くという非日常感があんまり味わえないんですよね。ありとあらゆる場所にそれを感じます。まず空港に入ってからチェックインカウンターまでの距離が短い。駅の改札を出たら即座にカウンターです。

 

f:id:kowagari:20170211162909j:plain

 

便利。便利は便利です。一分一秒を惜しむビジネスマンにとっては最高かもしれませんが、旅行の非日常感を味わいたい者にとっては、ちょっと味気ないんですよねー。もうちょっと余韻というか、浸る時間が欲しい。

 

まるでベルトコンベアーに乗せられた部品のような気分でそそくさと先を急ぎます。

 

f:id:kowagari:20170211163208j:plain

 

あっという間にやってきましたANA SUITE CHECK-IN。ファーストクラス搭乗客か、ANAダイヤモンドサービスメンバーしかここは利用できません。前回羽田空港国際線ターミナルを訪れたときはまだプラチナでしたから、ここを利用することはできませんでした。今回が初めてです。

 

しかし、全然感動がない(笑)。ただ単にレーンが仕切られているだけで、全く特別感はありませんからね。これに比べると、やはり成田空港のANA SUITE CHECK-IN、通称「Zカウンター」は、とてつもないVIP感があって、旅への期待をぐっと盛り上げてくれます。羽田にも、Zカウンターのような特別な場所があったらいいなあと思いますね。スペース的に無理でしょうか……。

 

f:id:kowagari:20170211163941j:plain

 

しかもですね、この時、奇跡的にファーストクラスチェックインカウンターにだけ数人の行列が出来ており、ビジネスカウンターとエコノミーカウンターはガラッガラだったんですよ(笑)。

 

もう、何の意味があってここに並ぶのか、わけわかりません。素直に空いているお隣のビジネスカウンターに行けばいいんですが、使ってみたいんです。せっかくダイヤモンドになったんだから、まずは一回、どうしてもここを使ってみたい。その一心でわざわざ並びました(笑)。

 

f:id:kowagari:20170211164324j:plain

 

加えて言えば、WEBチェックインも済んでいますし、搭乗券はスマホに入っていますから、わざわざANA SUITE CHECK-INなど使わず、手荷物だけ預けるカウンターに行けばいいんですよね。でも意地汚くここを利用し、紙の搭乗券も発券していただきました。なんというか、儀式みたいなものですね。これをしないと、海外旅行という気分になりません。

 

保安検査場を抜けて制限エリアへ

羽田空港国際線ターミナルには、ANA専用の優先保安検査場というものはありません。ここも成田のZカウンターとは違うところです。成田Zカウンターを通った後は、Zカウンター客専用の保安検査場があり、優雅に通れるんですが……。

 

f:id:kowagari:20170211165114j:plain

 

羽田空港国際線にあるのはこの優先保安検査レーンだけ。ANAのファーストクラス、ダイヤモンドメンバーだけに限らず、ありとあらゆる航空会社のビジネスクラス以上の客、それと各アライアンスの上級会員がここを通ります。そのため、結局は並ぶことになるんですよね。他のレーンに比べたら多少早く通れますが、混雑時でもない限り大した違いはありません。

 

ここを通過する資格を持たないお客さんが、何人か突撃して追い返されていました。それもむべなるかな。申し訳程度にレッドカーペットが敷いてあるだけで、他と何の違いもないわけですから。間違えて入ってしまっても仕方ありません。

 

f:id:kowagari:20170211165307j:plain

 

ここがたったひとつだけある優先保安検査レーン。他から独立しているわけではなく、単に簡素な仕切りがあるだけです。「がっかり優先レーン」と名付けたいところです。

 

他も空いていましたから、ここを通る意味はまたしてもありませんでした(笑)。

 

いよいよANA SUITE LOUNGEへ

成田空港ZカウンターからANA SUITE LOUNGEまでは結構歩きますが、羽田は本当にコンパクトなので、すぐにたどり着くことが出来ます。これがいいのか悪いのか。足腰弱ってきたら有り難く感じるのかもしれませんが、まだそんな歳ではないので、やはりここでも非日常感の欠如を感じます。

 

たまたま今回の搭乗口が、出国審査を抜けてすぐの場所であり、なおかつ搭乗口の目の前がANA SUITE LOUNGEだったので、今回空港内で歩いたのは実質200メートルとかそれくらいだったかもしれません。

 

f:id:kowagari:20170211170528j:plain

 

これ! こういうのですよ! 非日常空間に向かう、演出としての通路。なんてことはないエスカレーターですが、こういうのがないと盛り上がらないんです!

 

f:id:kowagari:20170211170644j:plain

 

左がビジネスクラス搭乗客、およびANAプラチナ、SFCが入れるANA LOUNGE。右がファーストクラス搭乗客、およびANAダイヤモンドが入れるANA SUITE LOUNGEです。

 

2015年のハワイ旅行では平会員でのビジネスクラス旅行だったため、左のANA LOUNGEに入りました。その時の様子はこんな感じ。

 


当時は自分が右のANA SUITE LOUNGEに入ることになろうとは夢にも思っていませんでした。しかし、何の因果か、今はまさかのダイヤモンド会員。颯爽と右に向かいます。

 

羽田空港国際線ANA SUITE LOUNGE

今回潜入したのは110番ゲートに近い、大きい方のANA SUITE LOUNGEでした。こちらの方が営業時間が長いため、利用する機会が多そうです。114番ゲートに近い方は、少し小さめで、しかも13時30分に閉まってしまうんですね。いつかは利用して、またレポートしたいと思います。

 

f:id:kowagari:20170211171726j:plain

 

成田の経験があるため、今回は緊張せずにスッと入ることができました。

 

f:id:kowagari:20170211172042j:plain

 

出、出ー!!! おしぼり奴! 非常に混雑した時間帯だったんですが、入ってすぐに案内をしてくれるスタッフさんがいて、好きな席を決めた後は、おしぼりの提供があり、1杯目のドリンクオーダーを聞いてくれ、さらに持ってきてくれました。これは成田のANA SUITE LOUNGEと一緒ですね。2杯目からはセルフとなります。

 

f:id:kowagari:20170211172225j:plain

f:id:kowagari:20170211172230j:plain

 

調子に乗ってシャンパンを。私、逆流性食道炎を患っており、きつい炭酸を飲むと地獄を味わうことになることもあるんですが(笑)、やはり海外旅行前の景気づけはこれしかありません。というか、飛行機が絡まない場所で、ほぼ飲んだことありません。あと関係ありませんが福山雅治さんも逆流性食道炎だそうです。なんかちょっとイメージアップ。

 

食事とお酒

ラウンジに入ったのは午前10時頃だったと思うんですが、食事のラインナップは時間で少し切り替わるんですね。最初に入ったときは「え!? これしかないの?」と思ってしまいました。酒飲みに嬉しいアミューズ類が充実してくるのは11時過ぎのようです。そりゃそうですよね。私のように朝から飲みたがる人はそんなにいないでしょうから。

 

f:id:kowagari:20170211174700j:plain

 

フードコーナーはそれほど大きくありません。

 

f:id:kowagari:20170211174741j:plain

f:id:kowagari:20170211174815j:plain

 

作りたてを供するコーナー。朝は5種類の和の麺類だけですが、11時になると、これにパスタ、バーガー、グラタン、カツカレー、牛丼、海鮮丼の6種類が加わります。がっつり食べたい人はこちらでしょう。

 

f:id:kowagari:20170211175056j:plain

f:id:kowagari:20170211175103j:plain

f:id:kowagari:20170211175110j:plain

f:id:kowagari:20170211175118j:plain

f:id:kowagari:20170211175124j:plain

f:id:kowagari:20170211175130j:plain

f:id:kowagari:20170211175139j:plain

 

早い時間から供されていた食事類。カレーを除くと、いかにも朝食といったラインナップになっています。この時点では「なんか成田の方がアミューズたくさんあってよかったな……」と思っていたんですが、しばらくすると、アミューズ? アペタイザー? が現れました! 酒飲み歓喜!

 

f:id:kowagari:20170211175319j:plain

f:id:kowagari:20170211175339j:plain

 

やはりこうじゃなくちゃね!  ビールが進みます!

 

f:id:kowagari:20170211175434j:plain

 

カレーもいっちゃいます。2人だったので、いろんなものが食べられてよかったです。となりにあるのは水と見せかけて焼酎ロック。

 

f:id:kowagari:20170212184307j:plain

 

お酒のラインナップはこんな感じ。一通り揃ってます。「皇神(すめがみ)」ってすごい名前ですよね……。

 

羽田国際線ANA SUITE LOUNGEの中は

f:id:kowagari:20170212184559j:plain

 

話が前後しますが、ラウンジに入ってくると、正面にコンシェルジュデスクがあります。この辺りに数人のスタッフさんが待ち受けていて、「今ここに到着したばかり」というお客さんを見つけると、席に案内してくれてドリンクを持ってきてくれます。

 

「あ、じゃあいったんこっそりと外に出て、荷物とか持って、はー、やっとラウンジに着いたーみたいな顔して再びここに来ると、またおしぼりとドリンク持ってきてもらえるのでは!」と裏ワザを思いつきましたが、完全に意味不明なのでもちろんやっていません(笑)。

 

f:id:kowagari:20170212185445j:plain

 

到着時点ではかなり混んでいたので、コンシェルジュを正面に見て右側の適当な席につきました。こちら側はフードコーナーがより充実している方です。

 

しかしスイートラウンジの内部マップって、WEBで公開されていないんですね。あえて秘密のベールに包まれてる感を演出してるのかな。

 

f:id:kowagari:20170212185525j:plain

f:id:kowagari:20170212185513j:plain

 

出発ラッシュが終わったのでしょうか、12時頃から急激に空いてきたので、先ほどとは逆側、コンシェルジュデスクを正面に見て左側の方に移動し、窓際の飛行機が見える席にやってきました。この椅子は、成田のスイートラウンジと似た形です。非常にゆったりとしており、優雅な気分を味わえます。

 

f:id:kowagari:20170212185915j:plain

f:id:kowagari:20170212185929j:plain

 

大人数向けのコーナーや、お一人様に対応した個室っぽいコーナーがあります。ただし、こちら側はサービスカウンターが少し小さめなので、スチームで温めているフード類が少なめです。お腹が空いている人はコンシェルジュ右手の席の方がいいと思います。

 

f:id:kowagari:20170212191505j:plain

 

さらに奥には、まるでお店のようなスペースがあります。ここは夜に『DINING h』に様変わりするスペースです。DINING hに関しては、2017年3月に行ったハワイ旅行で経験してきました。併せてこちらの記事も読んでみてください。

 

 

f:id:kowagari:20170212192655j:plain

 

ちょうど誰もいない時間があったので、トイレの中も撮影してきました。きれいですねー。高級ホテルのような清潔感です。これならお子さん連れでも安心。

 

f:id:kowagari:20170212192826j:plain

 

シャワールームはまだ一度も利用したことがありません。私、海外旅行前には自宅で身を清めてから出かけるので、利用機会がほとんどないんですよね。仕事帰りに直接空港へという人には嬉しい施設です。

 

まとめ

羽田空港国際線ANA SUITE LOUNGE、素晴らしかったですね。そこに至るまでの空港内の動線が便利すぎて、やはり私は成田の方が好きだなあという気がしますが、ラウンジにいったん入ってしまえば、そんな気持ちも雲散霧消。ゆったりと優雅にくつろぐことができます。

 

通常であればこのラウンジは「ファーストクラス搭乗券」か「ANAダイヤモンドサービスメンバー資格」のいずれかがないと入ることができませんが、「ANA SUITE LOUNGE ご利用券」をヤフオクで入手すれば(5~6千円くらい)、どんな人でも実は入れます。エコノミークラス利用時であってもです。一度くらいは奮発して、入ってみるのもいいかもしれませんね。

 

関連記事